• HOME
  • ノムシュンのMy“Berry fish” fishing!
ノムシュンのMy“Berry fish” fishing!

2017.08.14やっぱりBBQ&フィッシング

今シーズンはトーナメントでのプラクティス期間を増やしたためにプライベートで釣りをする時間がほとんどありません…海の釣りなんかも気になっているのですが、トーナメントオフシーズンまで我慢我慢の日々…。

しかし昨年に引き続き、今年も仲間たちと琵琶湖で釣り、そしてBBQを楽しんできました。

01.jpg

せっかくのお盆休みや夏休みは普段通いなれたフィールドもいいけれど、どこか遠征するのも楽しいですよね。また普段なかなか集まれない仲間達と一緒に釣りをしたり、最近はSNSなんかで知り合って一緒に釣りをしたりする方も増えてきていますが、そんな時に一緒にBBQしたりするのもありじゃないですか?釣りってなかなか個人プレーなので1日が終わった後に「あれ?あんまり話してないや…」なんて経験もきっと多いはず。だから共同作業をすることでより交流が増えていろんな釣りの話なんかもお互いに聞けるんじゃないかな?

02.jpg

03.jpg

04.jpg

FISH ON!SHISHIDOMEでのBBQもおすすめ。

エリアフィッシングだと女性やお子様たちも手軽に楽しめるのが魅力ですよね。釣りってやっぱり釣れないよりは釣れた方が自然と笑顔になりますよね。

お盆時期や夏休みは混雑しているので最新の状況を必ずチェックするようにしてください↓ http://www.sisidome.jp/cgi-bin/sisidome/fishon.cgi/topics/?page=1#1501621286.32239

それでは今回は短いですがこの辺で…次回は最近僕が良く使っているルアーなんかを紹介していきたいと思います。

05.jpg

06.jpg

07.jpg

2017.07.26夏に快適に釣りをするためのおすすめアイテム

全国に梅雨明け宣言が出されて熱い夏がやってきましたね。

夏休みやお盆休みに釣りに行かれる方も多いかとは思いますが、暑い夏は熱中症対策、また釣り場は蚊などの虫も多いので防虫対策をしたりして少しでも快適に釣りをすることがいい釣果に恵まれることにもつながるのでは?

今回はそんな夏に快適に釣りをするための僕が実際に愛用しているおすすめアイテムをいくつか紹介してみたいと思います。

7251.jpg

まずは小さめのクーラーBOXと冷たい飲み物。ベタですけどやっぱり必要ですよね?中に入れるものはもちろんスポーツドリンクや麦茶でカフェインの入っているものは避けています。ついつい釣りに集中していると水分を摂るのを忘れがち…気づいた時には頭が痛くなったり、手足が痺れたり、鼻水が出たりと熱中症にならないためにもこまめな水分補給を心がけてくださいね。タックルベリーにはたまにレトロで可愛いクーラーBOXが出てたりするのでcheckしてみるのもいいですね。

7252.jpg

最近釣り人の間で流行っているのがBuffに代表されるフェイスマスク(フェイスカバー、サンマスク)顔を丸ごとすっぽり覆てしまうタイプでUV加工が施されています。サングラス焼けの逆パンダ?はあんまりおすすめできないので特に接客業やサラリーマンの方にはおすすめアイテム。ただし忘れてコンビニなんかにそのまま入らないでくださいねw

7253.jpg

日焼け止め。釣り男子に1番人気が高いのはANESSAかな?でもMegabassのサンブロックもおすすめ。よく馴染ませないと顔がバカ殿みたいに白くなってしまうのですが、釣りの最中に何度も塗り直すのがめんどくさい僕はこちらを使用しています。

7254.jpg

釣行の際は不意な事故から頭部を守るという意味でもCAP類の着用をおすすめしますが、形やデザインは様々。アングラーの個性を出せるアイテムでもありますね。

7255.jpg

偏光グラス。サングラスではなく偏光グラスがルアーや紫外線から目を守るだけではなく、水面の反射を抑え水中の情報を伝えてくれます。僕はSWANSのものを愛用。日差しの強い夏はミラー加工の施されたレンズが特に活躍してくれます。

7256.jpg

つい最近愛用し始めたのがサンラインから発売されているインセクトシールドを使用したアイテム達。要はウェアの繊維そのものに“虫よけ加工”をしたもの。まだ試し始めたばかりなのですが蚊やブヨに刺されて痒いとなかなか釣りに集中できなくなってしまうのでその効果に期待です。

7257.jpg

UVグローブ。釣りをしてると手の甲って日焼け凄いんですよね…トーナメントアングラーでは最近着用している選手も増えています。僕の場合はやっぱり感覚を変えたくないので掌の部分が空いているデザインのものを選んでいます。

7258.jpg

こんなのもおすすめ。衣類にシュッとスプレーするとメントールの冷感成分がひんやりとして気持ちいいです。特にボーターの方はこれをひと吹きして走れば最高です。

7259.jpg

釣りが終わっていっぱい汗かいて少しでもさっぱり帰りたい時や帰りのドライブの眠気覚ましにはペーパー洗顔ですよね?帰りに食事をなんて方は魚臭さや汗臭さを消してくれるデオドラントスプレーなんかも持っているといいかもしれません。

こんな感じで今回はちょっと釣り具からはそれてしまいましたが、皆様もこの夏、快適に釣りを楽しんでくださいね!

2017.07.10「ロッドの話」

今回はちょっとマニアックなネタ。
タックルベリーの各店舗には中古のロッドが沢山並んでますよね?今回はそのなかでも特にバスロッドについて少し。

僕のやってるDELTA ROD BRANDというロッドと並行して説明させていただきますが、まずは素材の違いが大きく分けて4つあります。

まずはチューブラーと呼ばれるロッドのなかでも1番ベーシックなもの。24tの中弾性から40tなんかの高弾性まで様々な種類があります。DELTAではLPDseriesがそれにあたります。

01.jpg

続いて昨今、使用する方が増えたソリッドティップ。チューブラーのブランクスのティップ(穂先)の部分に折れにくく繊細なソリッドを使用したロッド。チューブラーだけではだせない繊細さを求める機種に使用されます。DELTAではFusion seriesに採用し比較的ロングレングスのRODを中心にラインナップしています。

02.jpg

少し珍しいものとしてはオールソリッドやフルソリッドと呼ばれる全てにソリッドのカーボンを使用したロッド。基本的に曲がりに対してきわめて折れないのですが、ブランクスが中空ではなく芯があるため重量が増すのが欠点。そのためDELTAではCOREseriesに採用してこちらは比較的ショートレングスのラインナップをしています。

03.jpg

最後にグラスやカーボンコンポジット、低弾性カーボンを使ったいわゆる巻物ロッド。バスのバイトを弾きにくく、主にハードプラグの使用に適しています。

ここ数年ガイドの小口径化が進みましたが、一方では多少大きめのガイドが付いていた方がラインスラックが作りやすくソフトベイトなどの釣りには向いているとの声もきかれます。

釣りをされない方からは「何故そんなに釣り竿が沢山必要なの?」という言われそうですが、ゴルフクラブに例えてみて下さい。ゴルフコースを2本や3本のクラブでまわる人はいないですよね?ルアーフィッシングの対象魚のなかでも圧倒的にルアーの種類が多いのがバスフィッシング。トーナメントなどになるとboatのデッキ上に10本なんてのは当たり前なんです。

04.jpg

そして、基本的にリールは車に例えるならグレードと同じ。値段が高いフラッグシップモデルの方が性能が高いです。
ただロッドは“好み”が非常に存在する。中弾性肉厚なトルクフルが好きな人もいれば高弾性のシャキッとしたのが好きな人もいる。短いスパンで新製品は登場してくるけど、カーボンに変わる何かがみつからないかぎり劇的な進化はしてないのも現状です。

だからこそタックルベリー各店舗で実際に触れてみて自分好みのロッドをみつけるのはありだと思いますよ。全て新品は気持ちがいいけどなかなか大変ですよね。どうしても釣り場で使ってみて合わなかったら買い取りもしてくれるので。あまり業界では語られないけど僕は身長によっても違うと思います。サーフボードやなんでもスポーツの道具って身長に合わせるし181cmの僕と170cmでは取り回しやすいレングスも多少変わるし、喫水の高いバスボートとローボート、オカッパリでも違うはず。

是非、自分にあったロッドを見つけてくださいね!

05.jpg

06.jpg

2017.06.21「梅雨のこの時期に…」

全国的に梅雨の時期ですが皆さん釣りには出かけられてますか?僕は鹿留、野尻湖、富士五湖、七色ダムと大体水辺におります…w

01.jpg
02.jpg
03.jpg
04.jpg

梅雨のこの時期はアングラーにとってはちょっと不快ですが、魚達は結構快適な時期でもあります。鹿留でスタッフの藤田クンと釣りをしているとリップの折れたレーベルのタドフライをトップウォーターで使いコンスタントにヒットさせていました。

05.jpg
06.jpg

僕はこーんなバスルアーにはないデザインのクランクで数匹キャッチ。

07.jpg

最近、トラウトの独自なルアーやコンセプトのなかにバスフィッシングに応用できるものがあるのではないかと興味深々です。

同じくバス用のルアー、特にハードベイトはこの梅雨の時期と雨や曇りのローライトコンディションで釣りやすいルアーが多い。特にトップウォーター系は釣れますよね。
初めて試すルアーを新品で買うのはちょっと高価…そんな時こそタックルベリー各店舗を探してみて下さい。そして様々なルアーを試して魚を釣って「風があるときはこっちのルアーがいいな」とか「ちょっと濁ったらコイツの出番」なんて自分なりの引き出しをいっぱい増やしてみて下さい。
バスフィッシングって他の魚種と比べると様々なジャンルのルアーがあります。様々なルアーの出しどころがわかると自分の幅が拡がってより一層楽しくなりますよ!

08.jpg

そしてパインレイクがリニューアルOPEN!
最近パインレイクで釣りしてないからそろそろビッグトラウトのファイトも楽しみたいところ。こちらも是非宜しくお願い致します。

09.jpg

2017.06.09ボートでのバスフィッシングのすすめ

バスフィッシングを楽しむ皆様は、オカッパリ派?ボート派?他にもフローターなどもあるしどんなスタイルで楽しんでいますか?
日本のバスフィッシングはオカッパリ人口が多いし、楽しみ方は人それぞれですが、僕はボートフィッシングをオススメします。

01.jpg

とは言ってもいきなりアルミボートやバスボートなど大掛かりのものではなくて、レンタルボート店には免許不要艇などもあるし、レンタルエレキやバッテリーを置いているところもあります。また、タックルベリー各店にはかなりの安値で中古のエレキ(トローリングモーター)なども購入できるので探してみるのもいいですね。

02.jpg

岸側から沖をみるオカッパリと違い、沖側から岸をみてルアーをキャストするのは新鮮なはず?
そしたらその次は魚探をつけてみて下さい!最新のカラー魚探やGPSは勿論あればいいけどはじめは白黒のシンプルなもので充分。これもタックルベリーで探す事ができるし、多分リールを1台買うくらいの金額でみつかるはず。魚探で呼び名を聞くと直接魚を探すと思う方が多いと思いますが、どちらかというと底(ボトム)の地形変化や水深をみるのに使います。特に関東なら亀山ダムだったり関西の自然の景色が残るリザーバーは周りの景色と魚探の急深だったり遠浅だったりという反応を照らし合わせていく事により地形の変化を学べます。

03.jpg

また水温計がついていれば春釣れだす7〜8℃だったりプリスポーンを意識する13℃、スポーニングの目安の16℃、夏暑くて釣れにくくなる25℃と少しでも冷たい流れ込みの水温…などと釣れた時と水温を照らし合わせる事でどんどん経験が積み重なっていきます。
僕的にバスフィッシングの最大の魅力でもある“探す”という行為がボートフィッシングによってさらに拡がるのです。

04.jpg

あらたなワクワクを求める方は是非今シーズン、チャレンジしてみて下さい。

*ボートに乗る際は必ずライフジャケットを着用して下さい。またこれからの暑い季節は水分補給などの熱中症対策も忘れずに。

05.jpg

2017.05.20『最近の鹿留とこの時期のバス釣り』

様々な魚が釣りやすくなる季節ですね!皆さんはどんな釣りに行かれているのでしょう?

最近のFISH ON!SHISHIDOMEにはこんな変わったトラウトも泳いでます。
01.jpg
02.jpg虹鱒のアルビノと赤い斑点が浮き出るアマゴのアルビノ。狙って釣るのも楽しいし、仲間内での早がけ勝負にアルビノは5ポイント?みたいな感じで楽しむのも面白いかもしれないですね!なかなかお目にかかれないのでこの辺までに機会に是非狙ってみて下さい。
そういえば先日仕事をしていると“テン”とばったり遭遇!
03.jpg
さすがに写真を撮る余裕はなかったのですがお互いビックリwこんな自然溢れる場所でのバーベキュー&フィッシングおすすめです。

さて、今回はこの時期のバス釣りについて少しお話したいと思います。
春というとバス達にとっては一年で最も重要な行事のスポーニング=産卵が行われる時期でもあります。
04.jpg
水質がクリアーな水域ではネストを守るオスバスの姿が見れると思います。この釣りについては人それぞれ意見があると思います。狙わない人、大きいバスだけ選んで釣る人、トーナメントなどでは狙う人。
どの意見が正しくてどの意見が間違っているという事ではないと僕は思います。
例えば河口湖の場合、ネストは5月のGW頃からはじまり、7月くらいまで続きます。特に後半になると水深4mといった肉眼では見えない深い水深になっていきます。水が澄んだ場所ではコイやニゴイに卵を食べられてしまう光景を目撃した方もいらっしゃるのでは?
SNSなどの普及によって写真を撮る機会も増えましたが、デリケートなこの時期、いやこの時期だからに限らずとも釣れてくれたバスの扱いには注意したいものですね。
先日のフィッシングガイドではあるお客様が魚が釣れてもライブウェルにキープすることなく大きいバスも小さいバスも「ありがとう」と優しくリリースする姿が凄く印象的でした。
釣りって自然な遊ばせてもらっているものそういった気持ちが大切ですね^ ^
05.jpg
06.jpg
1 2 3 4 5 6 7 /7 >>
野村 俊介
野村 俊介

野村 俊介(のむら しゅんすけ)
生年月日・1978年06月07日
静岡県出身、山梨県在住
職業・プロアングラー

主な戦歴
JBプロシリーズ 最多優勝
2015・JB全日本バスプロ選手権 東日本 優勝
2012・エリート5 優勝
2011・JBバスアングラーオブザイヤー
2009・JBバスプロ選手権東日本 東日本 優勝
2009・JBバスアングラーオブザイヤー
2001・JBバスアングラーオブザイヤー


ページ上部へ