2020.12.14

~多摩川シーバス・調査~

皆様こんにちはタックルベリー・池袋東店スタッフの内山です。

ここ最近一気に冷え込み冬っぽくなってきました。そこでシーバスはまだ川に残っているのか調査にいってきました。

潮のタイミングは明け方に満潮を迎える中潮で午前1時ごろからスタートしました。

現場に着いてみるとあまりベイトは多くなく苦戦の予感…

とりあえずトップから反応がないか調べてみようと表層系ルアーからチェック。数等してみましたが反応はなくトップでは厳しいと判断し、レンジが入るミノーの釣りに変更することに。

上げの潮が効き始めると、ちらほらベイトがまとまる状況になり始めました。飛距離とアピール力の兼ね合いから8cmのミノーから14.5cmのミノーに変更しジャークを入れた瞬間にバイト!!

サイズは54cmとそこそこでしたが実釣開始から4時間あれこれ試してようやく上がった一本だったので、サイズよりも釣れてくれてよかったという気持ちのほうが大きい一本でした。

この一本を釣り上げた後、ついに夜が明け始めてしまいました汗

こうなったら朝マズメもチェックしたくなってしまいそのまま続行!!

日が出たことで表層の水温が上がったのかベイトが上ずり始めたのでルアーを表層系へ変更。

テロテロ引き波を立てながら引いていると川の流心で水面が爆発!!

誤爆ではなくしっかり魚の重みを感じたので落ち着いてフッキングし慎重にやり取り。

66cmのグッドサイズでした。体高もあり丸まる太ったいい魚でよく引きました。

最近は水温も下がり始めリバーシーバスには厳しい状況になりつつありますが、上げ潮のタイミングでベイトがまとまって入ってきてくれれば何とかなりそうな印象をうけました。バチ抜けが始まるまでは辛抱の釣りになりそうです…