はじめての魚釣り | 淡水魚:ブラックバス(ルアー)

男女年齢問わないスポーツフィッシング!人気のバスフィッシングとは??

ブラックバスとは?

ブラックバスは、各地の淡水域(湖・川・沼等)に生息し、体長の割に引きが強いことや、 季節によって一定のパターンをもって行動することから、釣りの対象魚として大変人気があります。
日本で50cm以上の魚は主に「ランカーサイズ」と呼ばれ釣り人を魅了しています。

釣り方

疑似餌(ルアー)を使っての釣りが一般的で人気があります。
コチラではルアーによるバスフィッシングをご紹介いたします。

ロッド(竿)とリールの種類

スピニングロッド・ベイトキャスティングロッドの二種類があり、 それに合わせたスピニングリール・ベイトキャスティングリールがあります。

スピニングロッド

スピニングリールに使用するロッドの事であり、一般的には細い糸(ライン)を使用し、軽いルアーやワームを投げるのに適しています。
バスロッドを「@ベリーネット」で探す

ベイトキャスティングロッド

ベイトキャスティングリールに使用するロッドの事であり、一般的には太めの糸(ライン)を使用し、クランクベイトやスピナーベイトなど、重めのルアーを投げるのに適しています。
バスロッドを「@ベリーネット」で探す

スピニングリール

スピニングロッドに使用するリールの事であり、細い糸(ライン)を使用する事が多い為、小型で軽い物を扱うのに適している。
小型のルアーやワーム全般で釣りをする時に使用するのが一般的とされています。
初心向けのリールで、操作が簡単で誰にでも扱いやすい利点があります。
欠点としては、構造上ラインにヨレがが生じ、また巻き取る力は弱いという欠点があります。
スピニングリールを「@ベリーネット」で探す

ベイトキャスティングリール

両軸リールとも呼ばれており、スプールが回転し道糸を巻き取る機構のリール。
道糸にヨリが掛かりにくく、太いラインを巻くのに適しています。
糸(ライン)を巻き取る力も強い。
欠点はバックラッシュと呼ばれる糸(ライン)が絡まってしまう現象が起こる事です。
糸(ライン)が絡まないようにブレーキで調整する為、慣れるまでに多少の時間が掛かります。
ベイトリールを「@ベリーネット」で探す

ライン(糸)の種類

一般的にはナイロンラインとフロロカーボンラインが使用されています。
バスフィッシングでは両方の特徴を考えた上で使い分けされています。

ナイロンライン

フロロカーボンと比較してしなやかな素材でリールのスプールになじみやすくキャスト時のバックラッシュも起きづらく、マキモノと呼ばれているルアー全般に向いています。
伸縮性に優れ衝撃を吸収しやすくアワセによるラインブレイク等のトラブルを軽減する効果もあり、16ポンド以上の太いラインを使ってのカバーゲームにも使われます。
唯一の弱点であった耐摩耗性の弱さも、ライン表面をコーティングにより強化された製品が各メーカーにより開発されており、オールマイティに使用されるラインとなっています。

ベリーライン ナイロンバスを「@ベリーネット」で探す

フロロカーボンライン

一般的なナイロンラインよりも伸びが少なく感度が良いとされ、素材自体の強度も高く同じ強度のナイロンラインよりも細いラインが作れるため、スピニングタックルでのライトワーミングで多用されます。
素材自体がもつ耐摩耗性も高く、太いサイズはマンメイドストラクチャーと呼ばれるカバー攻略などにも有効です。細くて強度の強いフロロカーボンラインは水中で受ける水の抵抗が少なく、マキモノと呼ばれているルアーのリトリーブにおいて、同じの強度のナイロンラインよりも早くルアーをタナに到達させる事ができ、感度の高さからアタリを感じやすいとも言われています。

ベリーライン フロロ を「@ベリーネット」で探す

フック(針)・シンカー(おもり)・救命具等

リグ(仕掛け)に応じて、様々な形のフックやシンカーが用意されています。
また安全に楽しく釣りをする為にも救命具も是非用意しましょう。

ルアーの種類:ハードルアー(プラグ)

ルアーを大きく分けますとハードルアーとソフトルアーに大別できます。ハードルアーとソフトルアーを使い分けたりする事で更にバスフィッシングの幅が広がり楽しみがアップします。

トップウォーター

水面や水面直下を泳がせて使う沈まないルアーの総称です。
水面で逃げまどう小魚や、岸際に落下した虫を模したものなど様々な形状があります。
水しぶきや音を発生させながら対象魚を威嚇して誘うタイプのルアーもあり、ブラックバスなどのターゲットがルアーに激しくアタックする姿を見ることができるので非常にエキサイティングな釣り方です。一般的なものでは、ペンシルベイト・ポッパー・スイッシャーがあり、水しぶきや激しい音を発生させるタイプはノイジーとも呼ばれます。

ミノー

小魚のような細身の形状に、リップと呼ばれる樹脂や金属製の潜行板を装着したルアーです。
ルアーを引いてリップが水流を受けると小魚のように震えながら泳ぎ、リップの大きさや角度によって泳層(タナ)が異なります。また、トゥイッチやジャークと呼ばれるロッドワークによってイレギュラーな動きを与えることでダートアクションと呼ばれる、小魚が逃げ惑うような動きを演出できます。
引くのを止めると浮上するフローティングタイプと、水中で静止するサスペンドタイプ、自重で沈んでいくシンキングタイプなどがあります。 視覚でアピールしやすいクリアーな水質のフィールドで多用されます。

クランクベイト

リップを装備し、ミノーよりもずんぐりとしたボリュームのある形状のルアーがクランクベイトです。一般的にミノーよりも浮力が強く、ワイドなアクションでブラックバスを誘います。リップの形状や角度で泳層(タナ)が異なり、様々なタイプが存在します。泳層の深度により浅いものをシャローランナー(0~1.5m位)、中層を泳ぐものをミッドランナー(1.5~2.5m位)、深いものをディープダイバー(2.5m~4m位)と呼ぶこともあります。
ミノーと同様にフローティング・サスペンド・シンキングなどのタイプがあります。
丸みを帯びた形状のラウンドボディが一般的ですが、扁平なボディを持つタイプは特にフラットサイドクランクと呼ばれ、ラウンドボディよりもタイトなアクションで泳ぎます。
透明度の低いマッディな水質のフィールドで多用されます。

シャッド

ミノーとクランクベイトの中間的な形状のルアーです。見た感じは体高のあるミノーとも、細身のクランクとも形容できる形状で、アクションもミノーに近いタイトな泳ぎのものからクランクベイトのようなワイドな泳ぎのものまで様々です。一口サイズの小魚を模した6~7cm程度のサイズが多く、ブラックバスの活性が低い状況で多用されます。フローティング・サスペンド・シンキングのなかでもサスペンドタイプが多く見られます。

ラバージグ

ジグヘッドと呼ばれるオモリのついた針に、シリコンやゴム製のスカートを組み合わせたルアーです。
単体でも使えますが、トレーラーと呼ばれるワームやポークをセットして使われることが多いです。ラバージグ自体が特に何かの生き物を模しているわけではなく、セットするトレーラーの形状次第でザリガニや小魚などあらゆるベイトを演出できます。ラグビーボールのようなヘッド形状で、ボトム(底)での姿勢安定に特化したフットボールジグや、先のとがったヘッド形状で障害物のすりぬけ性能に特化したモデルがあります。樹脂製のブラシガードで針先を隠し、根がかりを軽減させるモデルもあります。

スピナーベイト

金属製のブレードにワイヤー、鉛製のヘッドとスカートというパーツからなるルアーです。ルアーを引くと金属製のブレードが水流を受けて回転し、キラキラとフラッシングする様は小魚の群れを模していると言われています。またブレードの回転によって発生する振動がワイヤーを伝わってヘッドのスカートを揺らします。フラッシングに興味をもって近寄ったブラックバスが、目の前のスカートの振動に誘われてバイトします。ブレードが木の葉型のウィローリーフブレード、丸みを帯びたコロラドブレードの2種類が一般的です。一枚ブレードのシングルブレードタイプ、二枚ブレードのダブルブレードタイプ、前後のブレード形状が異なるタンデムブレードタイプとブレードの枚数や組み合わせで様々なタイプが存在します。シンキングなのでリトリーブの調整であらゆるレンジ(深さ)を攻略できます。

バズベイト

一見、スピナーベイトに似ていますがブレードではなくプロペラが着いています。プロペラが受ける水流が大きな抵抗となって沈みにくく、水しぶきと音をあげながら表層を引いてくる事が可能です。
沈むルアーでありながらトップウォーターとして使われるルアーです。スピナーベイトと同様、シングルフック構造なので根がかりしづらく表層付近の障害物周りで多用されます。回転するプロペラがワイヤーやヘッドにぶつかるようにして、より激しいサウンドを発生させるモデルもあります。

ルアーの種類:ソフトルアー(ワーム)

ストレートワーム

細長い形状がミミズのようにも見えるが、用途としてはミノーに近いかもしれない。ノーシンカーリグやジグヘッドリグにして泳がせると小魚を思わせるアクションを見せる。トゥイッチなどのアクションを加えればミノー同様に逃げ惑うようなアクションも演出可能。 ダウンショットやワッキーリグなど様々なリグ(仕掛)に対応できるオールマイティーなワーム。

グラブ

イモムシのようなボリュームがあるボディに薄くカールしたテール(尻尾)が着いているワーム。引くと小魚の尾ひれのようにテールを震わせて泳ぎます。テールがひとつのシングルテールグラブとテールがふたつのダブルテールグラブがあります。ノーシンカー、テキサスリグ、ジグヘッドリグでの使用が一般的です。なかでもノーシンカーを表層で泳がせるバジングは有名なテクニックです。同じくノーシンカーで、テールを切り取ってボディだけを使用するイモグラブという使い方も人気です。

パドルテールグラブ

名前のとおりグラブから派生したモデルで、テールの形状が違います。ボートのオール(パドル)に似たテール形状が名前の由来です。扁平なテール形状からハゼ類のイミテートだという説もあります。
はためくようなアクションで大きな水流を発生しブラックバスにアピールします。 グラブよりも厚みのあるテールはテキサスリグでカバーを攻める際の耐久性とすり抜け性能に優れており、岸際に葦などが群生しているフィールドで多用されます。同じ理由からラバージグのトレーラーとしても使用されます。

クローワーム

ザリガニを意味するCrawfish 、もしくは鉤爪を意味するClaw に由来するワームで、いずれもザリガニやエビなどの甲殻類を模しています。ダブルテールグラブに近い形状ですが、すり抜け性能が高いのでパドルテールグラブに近い用途でも使われます。対カバーでのすり抜け耐久性はパドルテールグラブ>クローワーム>グラブといったところでしょう。甲殻類を忠実に模しているモデルも多く、視覚的要素で選ばれる場合も多いです。ザリガニの生息する水域で人気です。

ホッグワーム

豚を意味するHog/Hawg に由来しているワームで、ボリュームのあるという意味で使われている。クローワームをもっと複雑にしたようなワームで、パドルテール型のハサミにカーリーテールなどを合わせた形状です。ZOOM社Brush Hog のヒットを発端に、他のメーカーからも同じコンセプトのワームが続々とリリースされ、ホッグワームという新たなジャンルが生まれた。テキサスリグやトレーラーワームの定番として定着している。この頃からボリュームのあるワームを【バルキーなワーム】と呼ぶようになった。これはBerkley社 Power Bulky Hawg のヒットによるもの。

カーリーテールワーム

薄く細長いカールした形状のテール(尻尾)が着いたワーム。ボディは細身のタイプからボリュームのあるタイプまで様々。グラブもカーリーテールワームの一種。薄いテールは僅かな水流にも反応して良く動くため、スローに引いてゆっくり見せる使い方でもブラックバスにアピールできる。

シャッドテールワーム

グラブやカーリーテールワームのようなボディにシャッドテールという形状のテール(尻尾)が着いたワーム。カーリーテールよりも強い水流を発生させるとされており、より強いアピールが必要な時に多用される。ノーシンカーやジグヘッドで使われることが多い。

ブラックバスはどこで釣れるの?

こちらではブラックバスがどこに生息し、どのようなポイントで釣れるのかをご紹介します。 ポイントを把握する事で魚の居場所を中心に効率よく釣りをする事が可能となります。

湖は最も釣り場面積が広くストラクチャー(障害物等)も豊富です。岸際が護岸されている場所が多く、岸釣りにも向いています。 広大な湖ほどブラックバスは小魚(ベイト)を捕食するために回遊している事も多く、一箇所で釣りをするよりも、小魚の動きに合わせてストラクチャー(障害物)周辺を釣り歩く事がコツです。 また釣り場面積が広いため餌となる小魚(ベイト)が豊富な湖では60センチクラスの超大物(ランカー)が釣れる可能性もあります。
※主なポイントとしては、桟橋・船着場(ボート乗り場)の周り・橋脚・石積み・水門・杭(クイ)・ワンド・コンクリート護岸・ウィード(水生植物)・流れ込み・オダ等が一般的です。 ブラックバスの習性として影(シェード)を好み、身を潜めている場合が多いので、ストラクチャー(障害物等)のシェードも狙ってみましょう。

野池

一般的には釣り場面積は狭く、ストラクチャー(障害物等)も少ない為、目ぼしいストラクチャーを狙って反応がない場合は、思い切って違う野池に移動する事も一つの手段です。 しかし野池とは言っても50センチを超えるような大物(ランカー)も潜んでいる事もあるので油断は禁物です。 岸際を歩く際は魚を驚かさないように慎重にアプローチする事も重要な要素です。意外と足元にブラックバスは潜んでいる事が多い為です。
※主なポイントとしては、杭(クイ)・水門・コンクリート護岸・アシ・オーバーハング・ウィード(水生植物)・ゴミ溜まりなどが一般的です。

あまりにも流れの速い川を除いて、ブラックバスは流れのある川にも生息しています。 川の岸際も護岸されている場所が多く岸釣りに向いています。使用するルアーは小魚を模したミノーを中心に使用する事も重要です。 ブラックバスが今現在どのような大きさの餌(小魚等)を食べているかがわかればそれに合ったサイズのルアーを選ぶと効率良く釣れるかもしれません。
※主なポイントとしては、杭(クイ)・水門・コンクリート護岸・アシ・桟橋・橋脚などが一般的です。

ダム

ダムの場合は山沿いにある場合が多く、岸際まで降りられない事が多いので、決して無理はせず安全に岸際まで辿り着ける場所で釣りをして下さい。 また、他の釣り場と大きく異なる点として、水深が深いという事です。まずは安全を第一に釣りを楽しんで下さい。 湖と同様にブラックバスも餌となる小魚(ベイト)を追って回遊している場合が多いので、小魚の動きに合わせてストラクチャー周辺を釣り歩く事がコツです。 また岸釣りが無理なダムでは、ボートを貸し出している施設もあり、ボートでの釣りもバスフィッシングの魅力の一つです。
※主なポイントとしては、橋脚・倒木や立木・流れ込み・岬・オーバーハングなどが一般的です。

シーズン別のブラックバスの行動

こちらではブラックバスが季節ごとにどんな行動をするのかをご紹介します。行動を把握する事でどこに魚がいるのかがわかり、釣果に結びつける事が可能です。

春のブラックバスの行動を理解する為に最も重要な要素は、スポーニング(産卵)です。 ブラックバスはスポーニングに備えて水温の上昇とともに行動を始めます。 しかし、春先は水温の変動が激しく非常に把握するのが難しいです。日中に水温が上昇し始めても、朝夕に冷え込んだりしてしまう春先などでは、ブラックバスの行動が冬の動きに逆戻りしてしまうからです。 バスフィッシングに限らず釣り全般に言える事ですが、水温が上昇してさらに安定することが重要です。水温が落ち着いて安定するとブラックバスは比較的水温の高い浅瀬に出てきてスポーニングの準備をします。 ブラックバスはスポーニングによる体力低下の為、しばらくは、あまり動く事はせず目の前に通るベイト(小魚など)を捕食しますので、ルアーも目の前をゆっくりと通すようなアプローチが必要となってきます。

夏はバスフィッシングの一番楽しめる季節となります。特に梅雨時期からの初夏にかけては、食欲旺盛なバスは様々なルアーにもアタックしてくるでしょう。 特に水面上で動かすトップウォータープラグなどにブラックバスがアタックする姿はとてもエキサイティングですので是非様々なルアーを使用してみて下さい。 ただし、真夏の炎天下などではオーバーハング(水面に木が覆い被さった場所を指します。)やストラクチャー(障害物等)の影に身を潜めている事が多いので、 そういった影があるポイントを中心にルアーをキャストして下さい。 また水温が高くなる時期ですので、少しでも水の動きがある流れ込みや水門などの場所も好ポイントとなります。

秋は冬に備えて体力を蓄えるために活発にベイト(小魚など)を捕食する時期でもあります。 夏のような太陽が照りつける日もない為、釣り人にとっても快適な季節でもあります。 ベイトを追って回遊するバスもいますので、ストラクチャー(障害物等)を中心に釣り歩く事が釣果を上げるコツでしょう。

冬は水温が下がりブラックバスも動かなくなる事が多くなります。目の前を通るベイト(小魚など)を捕食する事が多くなります。 この時期には少しでも水温が安定している深場を中心にゆっくりとルアーを目の前に通すイメージで釣りをするといいでしょう。

釣りにおけるマナーについて

こちらでは釣り人としてのマナーについてご紹介します。
楽しくいつまでも自然の中で釣りができるようにマナーを守る事はとっても大事な事です。
マナーとルールを守っていつまでも楽しい釣りをしたいですね!

  • 天候や自然の状況、自分の体調も考えて決して無理をせず、安全第一で行動をしましょう。
  • ゴミのポイ捨てはやめましょう。出たゴミなどは持ち帰りましょう。
  • ブラックバス及びブルーギル等の外来魚といわれる魚を別の河川や湖沼に放流しないようにしましょう。
  • へら鮒釣りなど、静かに釣りをしている人のそばにルアーを投げ込んだりしないようにしましょう。
  • 釣りが禁止されている場所では絶対に釣りはしないようにしましょう。
  • 先行者がいたら必ず挨拶をしましょう。