釣り教室開催レポート北陸地区 2021年10月3日

管理釣り場で学ぶブラックバス釣り教室 石川 ドリームレイク  

今回は石川県能美市にある管理釣り場「ドリームレイク」さんで、ルアーフィッシング人気NO.1のブラックバスをただ釣るだけでなく、ルアーローテーションの重要性や実際のフィールドと同じように潜んでいる場所にルアーを送り込み、狙って釣ろうという教室になります。

当日は前日の雨が嘘のように日差しが暖かく天候に恵まれた一日となりました。集合時間は朝10時30分と他の釣りと比べ遅く、自分の好きな時間を利用して釣りを楽しむことができるのも管理釣り場の魅力のひとつです。

最初はいつも通り参加者全員に自分たちのタックル準備に取り掛かってもらいましたが、今回は「学ぶ」釣り教室となりますので、ルアーの種類や使い方、動きの違いなどもレクチャーし各々理解してから実践となりました。

釣り座を確保し、安全のため4mほど間隔を空けキャスト開始です!
ブラックバス釣りは他の釣りと比べて竿が短く投げやすいため、参加者の皆様も10投もすればコツを掴み、10~20mほどルアーを投げることができましたよ!
そんな中、シャッドプラグを巻いていた参加者に待望のファーストHIT!
魚の引きを十分楽しみ上がってきたのは丸々とした34cmのブラックバスでした。

この1匹を皮きりに次々にシャッドプラグで釣りをしていた参加者にHIT!!
そんな中、クランクベイトを巻いていたお子様にひときわ強い引きがあり、上がってきたのは1回り大きなプリプリに太った38cmのブラックバスでした♪

全員、魚を釣り上げることができ、ここからはブラックバスを「偶然釣れた」ではなく「狙って釣った」にするため、目に見える障害物の近くに投げブラックバスをワームで誘い釣っていきます。

出来る限り障害物の近くに投げるようレクチャーしていきますが、やはり難しく何度もキャストの繰り返しとなりましたが、一度要領を得ると次々にキャストが決まってきました。 そうなるとバスの釣果もグングン上がり、一番釣った人で20匹以上のバスを釣り上げておられましたよ♪♪

お子様たちも「負けないぞ!」とワームやクランクベイトを一生懸命にキャストし、ブラックバスを狙って釣りあげることに成功!

最後はそれぞれ思い思いのルアーを使い、時間いっぱいまでブラックバス釣りを楽しんでいました。

今回、教室で使用したドリームレイクさんは有名メーカーもルアーの耐久テストで使用するくらい魚影が濃く、魚のコンディションも抜群に良い全国有数のブラックバス管理釣り場です。トイレや手洗い場も完備されており、女性・子供に限らず全てのアングラーが安心してブラックバス釣りを楽しむことができますので、お近くにお越しの際は是非ご利用ください。

北陸地区、次回の釣り教室は石川県羽咋郡志賀町の西海漁港から出船「本格ジギング釣り教室」を行います。鉛で作ったジグというルアーを動かしハマチやブリ、真鯛といった大型魚を狙います。50cmを超える魚の引きは強烈の一言ですよ!沢山のご応募お待ちしております。

※当日使用したタックル