BerryCup 2019

タックルベリーでは「Berry Cup」と題して、タックルベリーNo.1スタッフを決める、オールスタッフによる釣り大会を開催しています。
全国各地にてフォトトーナメント形式にて予選を行い、各地区の優勝者および釣果写真判定等による推薦者で、決勝大会を開催いたします。

予選釣果

※サイズは尾叉長(びさちょう)となります。
※写真をクリックすると、拡大写真やその他写真がご覧いただけます。

No.001~

No.009


エントリー 2019.08.17 / 戸田湾内(福将丸)
魚種 カンパチ(37cm)
スタッフ 東京 / 甲府アルプス通店
伊藤 彩
使用
タックル
ロッド: ライトジギング用(ベイト)
リール: グラップラーBB201HG
ライン: シーガーPEX8 0.8号
ルアー・仕掛け等: DAIWAサムライジグ30g PHシルバー
コメント Berry CUP初参戦です!
私の海釣りホーム駿河湾内にある戸田湾で今回サビキ釣り&泳がせ釣りを楽しんできました(^^)
真夏の海はやはり高活性ですね!ぶっといハリスを切られ・・・針をへし折られwwなのに餌にするアジが全く釣れないという時間が続き(泣)
痺れを切らして遊び用にもってきたジギングタックルでボトムから数メートルしゃくりあげてきたところでドカンッ!
上がってきたのがコチラの子(^^)
ショゴサイズですが中々良い引きでした☆

No.008


エントリー 2019.08.06 / 横浜岸壁
魚種 マダコ(700g)
スタッフ 神奈川 / 横浜十日市場店
塩谷 宏幸
使用
タックル
ロッド: タコガンガン
リール: ブルーマックス船
ライン: PEライン5号
ルアー・仕掛け等: オクトパスタップ4号
コメント 僕の今年のベリーCUPの対象魚は『マダコ』に決定しました。東京湾のマダコが何十年に一度の爆沸きで盛り上がっている中、1日粘れば大型も釣れる可能性が高いと思った次第です。
ポイントに到着してすぐに探り歩いてみると、、、1時間経過しても全然釣れない…。(∀ ̄;)(; ̄∀)ォロォロ
釣れないどころかタコからの反応も一切なく、周りを見渡せば誰も釣れていない。そのまま開始から2時間が経過して、これはヤバイ時に来てしまったと少し後悔を感じ始めた頃、ついにタコからの反応があり!
上がってきたのはまぁまぁサイズの500gぐらいでした。
はじめの1杯に2時間もかかってしまいましたが、タコは釣れだすとドタバタ連チャンすることがあるので、ここから巻き返しか?と、思ったらとんでもない。また沈黙が続きました。
次に釣れたのは3時間後で400gとサイズダウン。常連さんぽい方に話を聞くと、『先週までは釣れていた』と、あるあるなお言葉をいただき、更にモチベーションが下がってしまったのですが…。
終了1時間前、やっとこさ重量感のある感触から上がってきたのは…。
700gでした!
このぐらいあれば満足できるし、これがたくさん釣れたら嬉しかったんですけど…。その後タイムアップとなってしまい、目標のkgアップは釣れないまま、なんとも不完燃焼のまま納竿。
結局終わってみれば計3杯。とても“東京湾マダコ大フィーバー”という言葉が相応しくない貧果でした。( ノД‘)シクシク…
最大700gというこの重量では決勝に進むのは無理だと思いますが、一発勝負のベリーCUPでとりあえず釣果を出せただけでも良しですかね。
また来年挑戦したいと思います。

ここでちょっとBerryBerryシリーズ製品のご紹介。バッグやベストに装着しておくと便利なラインカッター。
ピンオンリールと組み合わせれば最強!ナイロンやフロロの糸をメインに細いPEラインなど、仕掛け類の端糸をカットするのにとっても便利です♪
是非お近くのタックルベリーでお買い求めください!

【注意】まだまだ猛暑が続いています。
この日は朝から8時間釣り場にいましたが、普段あまり水分を取らない僕でも、2リットルの飲み物を完飲してしまいました。それでいておトイレは1回のみですからほとんど汗で出てしまっていたようです。釣りに行く際は十分な水分確保をしていってください。
それではみなさんもこの夏、安全に楽しく釣りを楽しんでください!(*^▽^*)ゞ

No.007


エントリー 2019.08.11 / 走水沖
魚種 タチウオ(96cm)
スタッフ 南関東 / 草加店
貝沼 輝
使用
タックル
ロッド: メタルウィッチ
リール: カルカッタコンクエスト201HG
ライン: UVFメガセンサー12ブレイドEX+Si 1号
ルアー・仕掛け等: CLUE アサルト 150g
コメント タチウオジギングに初挑戦してきました。
今回は長浦 こなや丸さんからCLUEタチウオファンミーティング仕立てで乗船です!
ポイントまで一時間程走り、釣り開始!!船からの釣りに慣れて無いのでまずは感覚をつかむ為にただ巻きからスタート、5投目くらいであっさり釣れたので、これはイケる?!と思いきや沈黙が続き、、ポツポツ拾っていく釣りに。
一匹釣れる度にリーダーチェック!キズがあれば【ベリーシザーズ】で糸をカットし素早くノットを組み、次の一匹を確実に釣り上げられるように♪
シャクリも慣れてきた頃、ラスト3流し目くらいに少し重めの手ごたえ!上がってきたのは96cmのタチウオでした。
船中最大は114cm。今回、自分はドラゴンは釣れませんでしたがタチウオジギングの面白さを知れたので、リベンジに燃えてます!!!

No.006


エントリー 2019.08.05 / 相模湾(長三郎丸)
魚種 マグロ(0cm)
スタッフ 神奈川 / 元住吉店
刈谷 直司
使用
タックル
ロッド: アピアプロフィードガル
リール: ソルティガ5000H
ライン: PE6号
ルアー・仕掛け等: イワシフカセ
コメント 今年もやってきましたベリーカップ!
第1回からぶれることなく相模湾のマグロで挑んできた私ですが、今回はとにかく釣ってやろうと今年絶好調のイワシフカセで挑みました。
7月中に一度プラを行い、その時は小型ながらも16キロのキハダをゲット!
コツもつかみ、これなら本番でもイケるなと甘い考えでいざ釣行へ。
前日も船宿の釣果情報ではキハダが上がっていたので、期待しての出航です。ポイントに着き反応を探し船長の掛け声でスタート!
チャムのイワシを撒くと、水面にはカツオの群れがナブラとなってイワシを喰い始めました。当然のようにカツが次から次へと上がってきます。
ですが、この日はキハダのご機嫌がすこぶるななめで、釣れども釣れども上がってくるのはカツオのみ・・・結局船中キハダ0。
終了となりました。
エサなら釣れるなんて甘い考えで挑んだ私がダメでした。
関係はないですが、今週はルアーで挑みチャント釣れました!本番でのみ釣れないという自分の持ってなさに笑えてきます・・・
とりあえず、大会とは関係のない自慢写真ものせておきます(笑)

No.005


エントリー 2019.08.12 / 明石沖(釣船きもと)
魚種 マダコ(1005g)
スタッフ 関西・中国 / 泉北高石店
土井 義和
使用
タックル
ロッド: メタリアエギタコ170
リール: リョウガ2020HL
ライン: ベリーラインPE2号
ルアー・仕掛け等: 蛸墨族スッテ
コメント 今年のベリーカップは、もしかしたらまぐれで2キロオーバーでるかも、と明石沖のマダコにしました。
6時前に出船した満席の船は20分ほどでポイントに到着。水深8m前後からスタートです。
1投目から幸先よく300g級をキャッチ。その後も次々にマダコをキャッチし、8時過ぎには20杯を超え、これは3ケタも夢ではないのでは?と胸が膨らみましたが、そんなに甘くはありませんでした。
8時半ごろから潮が速く複雑になり、ポツポツと拾い釣り。サイズアップできないまま、迎えた終了間際。来ました!今までとは全然違う重み!慎重にタモですくって測ってみると1005g。目標の2キロオーバーとはいきませんでしたが、最終的に35杯まで数を伸ばし、めでたく竿頭。満足の釣行となりました。
今回はスッテに巻きつけた「鶏皮」がいい仕事をしてくれたことはナイショです。

No.004


エントリー 2019.08.07 / 群馬県 川
魚種 アブラハヤ(10cm)
スタッフ 南関東 / 熊谷店
澁谷 歩
使用
タックル
ロッド: 竹竿
リール: 無
ライン: ベリートラウト2.5lb
ルアー・仕掛け等: ウキ釣り仕掛け
コメント 子供と近所の川へ行って来た時のもののなります。
タコ釣りは残念ながら時間が無くほぼやれなかったので川でリベンジしました!!
なんでも釣りは楽しいですね!!

No.003


エントリー 2019.08.07 / 仙台湾沖
魚種 ワラサ(65cm)
スタッフ 北海道・東北・北関東 / 仙台吉成店
小山 征夫
使用
タックル
ロッド: ジギングロッド6フィート
リール: ダイワ450番
ライン: PEライン2号
ルアー・仕掛け等: メタルジグ100~150g
コメント 3連休でバカンス気分で真夏の海へ行ってきました♪
出船してすぐは曇り空で心地よい風もありましたがポイントに着く頃にはピーカン&無風、、、
シャクろうが投げようが反応ナッシング。
たまに釣れるカナガシラに癒されながら遊んでいるとナブラに遭遇!!
しかしこのナブラは強敵でした
炎天下 アレコレやって1時間 スレ掛かりのイナダ1匹、、、
沖のポイントを16時までやるも本命なく、船長の提案で近場のポイントをやって帰港しようと、、、これが正解!!
1投目からマズマズのサイズがお目見え!
続いてIさんもヒット!これは小マサ君。
終盤にSさんは大型の青物を掛けるも痛恨のラインブレイク、、、
久しぶりに真夏の仙台湾に浮きましたが楽しめますね♪
お付き合い頂いたSさん Iさん ありがとうございました!

No.002


エントリー 2019.08.05 / 西伊豆ゴロタ浜
魚種 青物(0cm)
スタッフ 南関東 / 上尾店
渡邊 昇
使用
タックル
ロッド: ディアルーナS906ML
リール: 12バンキッシュ4000XG
ライン: PEライン1号
ルアー・仕掛け等: 爆釣ジグ30g
コメント 8月4日の営業終了後、古くからの友人と2人で2週間前に釣果が出た西伊豆のとあるゴロタ浜へ釣行に行きました。北東の風が強かったのですが、西伊豆なので、その風の影響は殆ど感じませんでした。ですが、竿先に感じなくてはいけないアタリも殆ど感じませんでした。
夜明け前から投げ続け、途中、とてもきれいな富士山を眺めながらもキャストしまくり。周りに来ていたほかの釣り人も、気温が上がってきたせいかみなさんお帰りモード。私たちも10時頃まで約6時間、投げっぱなし耐久レースをしていたのですが、直射日光を浴び、とたんに体が溶けてあえなくギブアップしてしまいました。また近いうちにリベンジしに行って来ます。青物の引きは中毒になりますね!!

No.001


エントリー 2019.08.02 / 大船渡
魚種 メバル(27.7cm)
スタッフ 北海道・東北・北関東 / BiG Berry花巻店
藤原 静麻
使用
タックル
ロッド: ブルーカレント 72TZ NANO
リール: 19ヴァンキッシュ C2500SHG
ライン: ピットブル12/0.6号+Vハード2号
ルアー・仕掛け等: ロックバイブシャッド3”三陸ドンコ
コメント いつもは渓流でエントリーしていましたが、今年はメバルが好調で、三陸のメバルは夏に大型が釣れるので、いつもお世話になっている船長にお願いしてワーム縛りのデイゲームメバルロックに挑戦!!
AM4時出船、マヅメの時間帯はシャローの根周りを攻めますが、20~25cmは連発するものの、狙いの後半~尺が釣れず。AM7時を過ぎるとウニ漁が始まったので、外洋の水深15~20mラインへ。反応が薄くなったタイミングでUV系カラーのワームにチェンジした途端、25UPのメバルが爆連!!そして、今までとは明らかに違う重量感の魚がヒット!!これがメバルなら尺確定!!頼む、メバルであってくれ!!と慎重にファイトしますが、途中で引きが違うことに気付き、浮いた魚は41cmのクロソイ・・・
日が高くなるにつれメバルの反応が薄くなり、代わってフグの猛攻に遭い、尺実績のポイントを入れ替わりで攻めましたが、結局尺メバルには出会えずAM10時終了。数は相当釣りましたけどね。今年も残念な結果に終わりました。先行逃げ切りを狙ったんですけど。ま、結果はまだ分かりませんがね (-ω-)

【おすすめTBオリジナル商品】
ベリーPEカットシザー
刃がギザギザしてるのでPEラインもスパッと切れます!!リーダーを組んだり仕掛けを作ったりするのにとても良いですよ!!