• HOME
  • ノムシュンのMy“Berry fish” fishing!
ノムシュンのMy“Berry fish” fishing!

2016.10.05ラインの話その2

さて、前回は極めてベーシックなバスフィッシングにおけるラインの使い分けを紹介させていただきましたが、今回はもう少しディープでマニアックな使い方などを紹介していきたいと思います。

最近トーナメントなどでよく使われだしているのが号数でいうと0.8号より細いPEライン。0.3号なんて細さのものも使われています。数年前は“パワーフィネス”などと呼ばれウッド系のカバー周りで使うイメージでしたが、現在では表層I字系の釣りに多用されたり、シャッドのドラッキングなどにも使われています。

これらの釣りに共通しているのが“ロングキャスト”していてロッドからルアーまでの距離があるということです。いくら伸びの少ないフロロカーボンラインを使用していても20〜30mラインがでているような状況でバスがついばむようなバイトをした場合、なかなかしっかりとしたフッキングに持ち込むことは難しいです。そこで登場するのがフロロカーボンラインよりもさらに伸びの少ない細PEなのです。軽くロッドをあおるだけで初期フッキングできるのでショートバイト対策にもなるメリットがあります。

8本よりがラインの放出がスムーズで好まれますが、4本よりの方が摩擦に強かったり、ウィードの切れが良かったりする場合もあるので自分に合ったラインを探してみて下さい。

LINE1.jpg

次に紹介するのはダウンショットリグやキャロライナリグ、また先程紹介した細PEとルアーの間に使用するリーダーです。

LINE2.jpg

特に今回はダウンショットリグでのリーダーについて説明していきたいと思います。

メインラインとリーダーの間に使うのがスイベル。中でもこのスイベルがおすすめです。

LINE3.jpg

何故スイベルをつけるのか?というとダウンショットリグで長時間キャスト&ピックアップをすると問題になってくるのがラインの“ヨレ”。これは特にリグのピックアップ時にワームが回転してしまうことにより起こります。よくシンカーにスイベルがついているものでなくては駄目だとおっしゃる方がいらっしゃいますが実際にはそのシンカーよりもメインライン側にもっと回転するワームがついているため意味がないのです。フックにスイベ

ルがついているものはその点において利にかなっています。しかし、あえてリーダーを組むことによってのメリットは非常に多いのです。

それはメインラインを細くしリーダーを1〜2ランク太くすることによって軽量リグの操作性を損なわずにビッグバスの歯によるラインブレイクや岩などの障害物に擦れるなど最も起こりやすいフック手前でのラインブレイクを防いでくれるのです。

またスモールマウスなどのフックやラインを頻繁に交換するような釣りではあらかじめこのスイベルから先のリグをいくつか作ってスポンジなどに巻いておくことによって釣り場での交換をスムーズにしてくれます。

まだの方は是非1度試してみて下さい。

最後は最近僕が気になっているライン。それはエステルラインです。

LINE4.jpg

アジングやトラウトをされる方には既に定着しつつあるこのライン。イメージは“透明なPE”といった感じ。ただバスで使うような号数にすると硬さによるライントラブルが起こりやすかったり、摩擦に弱かったりと問題点もあります。ただフロロカーボンラインでもとれないようなバイトを感じたりと近年最も僕に衝撃を与えたライン。現在どこかで出番がないかと試行錯誤しています。

このようにタックルベリー店頭にも並んでいる様々なラインを使いこなすことによって釣果はもっとアップするはず。皆様も是非自分だけの使い分けを見つけてくださいね。

LINE5.jpg

2016.09.20ラインの話その1

今回は釣りには最も重要なアイテムの1つでもあるラインの話。

皆さんはどの釣りにどのような種類のラインを使っていますか?

僕なりの最近の使い分けをバスフィッシング、そしてサポートしていただいているサンラインの製品を中心に紹介していきたいと思います。

まずはフロロカーボンライン。現在バスフィッシングでは最も主流のラインですね。

それまで主流だったナイロンラインに比べ、吸水による劣化が少なく低伸度でボトムの感触や魚のバイトなどへの感度があがり、耐摩耗性にも優れています。当初、欠点とされていた硬さによるライントラブルはリール性能の向上、そしてテストを重ねた現在の“FCスナイパー”ではほとんど感じることはないでしょう。実際、僕のバスフィッシングにおいて80%くらいはこのFCスナイパーで成り立っています。

01.jpg

また、マッディーシャローなどで重宝されているのがフロロカーボンラインにバイトマーカーをつけた“BMS AZAYAKA”ルアーのフォール中にラインが横に走っていくようなロッドに出ないアタリを目で確認することができます。またラインが見えることによりルアーの軌道がわかりやすくピッチングなどが決まりやすくなることに驚かされるので是非1度試していただきたいラインでもあります。僕の場合はバイトのわかりにくいノーシンカーリグ、特に高比重系ワームを使ったピッチング主体の釣りによく使用します。

02.jpg

また初心者の方よりも玄人向きのフロロカーボンラインとして“シューター”という超低伸度設計の超高感度で強靭性、耐久性に優れたラインもラインナップされています。使いやすさよりも強さに重点を置いたライン。最近僕が多用しているのがこのライン。フルキャスト時にフッキングをしっかりと決めたいフットボールジグやベイトフィネスでのカバー撃ち、スピニングタックルで根ズレの多い場所を狙う際に使用頻度が高いです。

03.jpg

また近年ではナイロンラインも進化してきました。昔と違い伸びも少なくなった“デファイヤー アルミーロ”僕の場合、ポッパーなどのポーズをとる時間が長いトップウォータープラグに使用します。比重の重いフロロカーボンラインでは時間が経つにつれてライン

が沈んでしまいルアーのアクションの切れが悪くなってしまうのでナイロンラインは今でもなくてはならない存在なのです。

04.jpg

最後にPEライン。フローティングマットやグラスエリア、ウッドカバーなど人工物以外のヘビーカバーからビッグバスを引きずり出すにはなくてはならないライン。“ステューター”は8BRAIDを採用しているのでキャスト時もスムーズにラインが出ていきます。僕はフロッグ、羽物系トップウォーター、シャローのヘビーカバーなどに使用します。

05.jpg

今回紹介させていただいたのがベーシックなライン選び。参考になったでしょうか?タックルベリー店舗には他社を含め、様々なラインが豊富にラインナップされておりますので迷った際にはお気軽にスタッフに相談してみて下さい。

次回はさらにマニアックなラインチョイスについて紹介したいと思います。

06.jpg

2016.09.05トーナメントのすすめ

突然ですが、皆様は釣りの大会、トーナメントに出場したことがありますか?

僕の本業はバストーナメントですが、大会は他にもトラウトのエリアトーナメントや、ヘラブナ、アユ、磯釣りなど様々な魚種、様々なジャンルで開催されていますよね?

01.jpg

初めての出場の際は、用意しなければいけないものがあったり、細かなルールなどを覚えなければならなかったりと少し大変かもしれませんが、参加者全員が同じルール、同じ時間内で釣果を競う大会は面白いですよ!

02.jpg

一人で釣りをしていると釣れなかった時も「今日はタフコンディションだからなぁ」なんて感じで終わりますが、それが大会になるとほとんどの場合、自分より釣ってくる人がいます。それが場所であったり、釣り方や狙い方であったりと自分の気づかなかったことを教えてもらえる“答え合わせ”になります。

また、エリアトラウトなどでは隣の人が自分と同じスプーン、同じカラーを使って爆釣している姿がみられるかもしれません。こうなるとテクニックの差ですよね?

よく大会開催日に同じ湖で大会参加者達が釣れないなか自分はすごい釣った!なんて話を耳にしますが、そういう人こそ是非一度、出場してみて下さい。

03.jpg

例えば僕はプライベートでブラックバスの50センチ60センチを釣っても指先が震えたりはしません。でもトーナメントでは大事な場面でノーフィッシュで終わるかもと思いだした時に釣れたたった25センチの魚に指先が震えたり、普段なら抜きあげてるサイズにネットを伸ばしたり、普段ならバレないような魚がへっぴり腰になってちゃんとファイトできずにバラシたり…それが20年トーナメントに出場していてもいまだにありますw

04.jpg

年齢を重ねるごとに普段の生活のなかでドキドキ緊張したり、嬉しすぎて叫んだりすることって少なくなってきますよね?少なからず大会に出るとそういった忘れかけてる感情を思い出させてくれるいいスパイスになるかもしれないですよ♪

05.jpg

2016.08.20BBQフィッシングのすすめ

そろそろ夏も後半に突入ですが皆さんはこの夏いい釣りができましたか?

なかなか釣りに行けてない僕ですが…8月初旬に仲間たちと琵琶湖でBBQフィッシングを楽しんできました。家の中で食べればなんてことはない料理も外で作って食べると何故か美味しく感じますよね?それが気の合う仲間たちとならなおさらですよね!

01.jpg

02.jpg


それぞれで様々な食材を持ちあったり料理したり…

僕の簡単おすすめ料理はローストビーフかな。作り方はとっても簡単で肉に塩、コショウをしっかりと擦り込んだ後、オリーブオイルをひいたフライパンで表面に少し焦げ目がつくくらい強火で焼きます。その後、肉全体をアルミホイルで包んで20分ほどそのまま置いておくだけ。サラダなどに添えてドレッシングで食べてもいいし、柚子胡椒などをつけて食べてもいいし焼き肉のタレの味に飽きた方は是非試してみて下さい。

03.jpg

04.jpg

釣りの方はというと琵琶湖では今パンチングの釣りが最盛期を迎えています。

でもエリア選定やタックルセッティングなどビギナーには正直ちょっと難しい釣りだし、ふらっと行ってなかなか釣れるものでもない。

そんなわけで数を釣りながらエンジョイできる釣りが“ワッパー”などを使用したトップウォーターワーミングでした。6.6フィート以上、MLアクション以上のスピニングタックルに思わぬビッグフィッシュや遠距離でのフッキングを考えて0.8号前後のPEラインを使用します。

05.jpg

使い方は簡単でキャスト後に水面をストレートリトリーブ、時折ロッドをあおって水しぶきをあげるようにするだけ。センコーなどの通常のストレートワームを使う際はワームのヘッド部分をポッパーのようにハサミで斜めに切り落としてからオフセットフックをリグれば大丈夫です。

06.jpg

突然水面にガバッと出るのはトップウォータープラグを投げている時と同じなのでなかなか興奮させてくれる釣りです。

07.jpg

僕のホームの富士五湖周辺では湖岸沿いでのBBQは基本的に禁止されているのでキャンプ場などの施設で楽しみましょう。またFISH ON!SHISHIDOMEも快適にBBQができる施設が整っています。鹿留には食べて美味しいトラウト達がいるので特にお子様連れの方などは“自分で釣った魚を食べる”っていうとっても貴重な体験ができると思います。

くれぐれも各自ゴミのあと始末はちゃんとして楽しい夏の思い出を作ってくださいね!

08.jpg

09.jpg

2016.08.05「夏休み真っ只中!」

関東もすっかり梅雨明けして暑い夏がやってきましたね。学生の皆さんは夏休みの真っ只中だし、もうすぐお盆休みもあったり、皆さん今年の夏の予定は決まりました?


僕の方はというとなかなかプライベートな釣りを楽しむ時間がないのですが、ホームである河口湖には浮いています。


01.jpg


今年の河口湖は大減水の影響なのか?アオコが発生していて湖がグリーンカラーに…例年とは少し違う感じになっています。毎年ハスの産卵が始まったころから釣れだすトップウォーターやウィードが生えだしてから良くなるカバージグ系はもちろんのこと、濁りの影響からチャターやスピナーベイトへの反応も良くなっています。


02.jpg


河口湖ではあまり使われないチャターベイトですが、選び方のコツとしては“あまりチドらないもの、暴れすぎないもの”がノントレーラーでも使えるのでおすすめ。またチドるチャターの場合はしっかりと水の抵抗を受けるようなポークをつけることで安定したスイミングができるようになります。ウェイトは3/8ozくらいが使いやすいです。


タイミングとしては朝夕などのローライトコンディションの時や風が吹いた時。ビッグバス率も高いので是非試してみてくださいね!


03.jpg


さて、釣りとは関係ないのですが…最近の僕は…


フライボード


04.jpg


ホバーボード


05.jpg


JETPACK


06.jpg


と様々なスポーツも楽しんでいます。朝夕は釣りで日中の暑くて釣りにくい時間はたまには新しいものにチャレンジするのもいいかもしれないですね。


また、この時期は海も湖も川も様々なレジャーで賑わう時期でもあります。

例えばウェイクボードなどは風裏でやったり、コースが決まっていたりします。邪魔だと文句を言う前にほんの少しだけ相手の立場に立ってお互い気持ちよくフィールドをシェアして遊べたらいいですよね。

2016.07.20河口湖ビッグフィッシュ率No.1ルアーは?

今回は少しマニアックなネタ。前号の最後に少しだけ触れましたが、ここ数年の河口湖で一番簡単にビッグバスが狙えるルアー教えちゃいます!

それは…


01.jpg


ラバージグ&ビッグダディーという組み合わせ。

ここ数年の河口湖では5月末くらいから晩秋までこのラバージグ&ビッグダディーというルアーがかなりの高確率でビッグフィッシュをキャッチできるとしてロコの間では定番ですが、今回は何故釣れるのか?使い方やタックルなどを紹介していきたいと思います。


まず、僕の中ではこのルアーはバスにとってブルーギルに見えているのでは?と考えています。全体的に丸みを帯びたシルエットがちょうどブルーギルを横向きにした感じにちかいような気がします。またこのルアーが効きはじめる5月後半の河口湖というとちょうどブルーギルのポストスポーン期にあたり、集団でネストを作るブルーギルの周りには必ずと言っていいほどビッグバスがいるし、ネストのブルーギルをよく観察すると通常よりも体色が黒っぽい、ロコアングラー達の間でブラック/ブラックのカラーの組み合わせが1番人気なのもこういった理由からかもしれません。


次にタックルですが、基本ロングキャストで狙うために6.6フィート前後のベイトキャスティングロッドが遠くでバイトがあった際にもしっかりとストロークのとれたフッキングを可能にします。MH(ミディアムヘビー)〜H(ヘビー)でティップに張りのあるものロッドが重たいジグをクイックに動かせてリアクションバイトを誘え、なおかつ根がかりも減らせます。

ラインは硬めで伸びの少ないフロロカーボンラインの12〜16lb。僕はサンラインのシューターを愛用しています。

リールはハイギヤのベイトキャスティングリール。特にフットボールジグはバレやすいのでバスがヒットしたらとにかくリールのハンドルを止めないで巻き続けてラインテンションを張り続けることが大事です。

最後にジグですが3/8〜1/2ozのブラシガード付きのもの。ウィードの少ない7月頃までは主にフットボールジグ、それ以降でウィードを狙う際にはアーキーヘッドのものと使い分けていきます。カラーはブラック系を基本にお好みで大丈夫です。

そして最後にアンクルジョッシュ・ビッグダディー。


02.jpg


これより大きなヒュージダディーでも釣れますが、河口湖周辺のショップではなかなか手に入らなくなってきました。タックルベリーの店頭で見かけた際には是非購入しておくことをお勧めします。カラーはブラック以外のブラウンやパープルでも釣れますよ。


狙うポイントは急深のブレイク。特に“風の当たっている岬”が釣りやすいです。晴天無風の日は逆に難しいと思います。ボートからの場合は岸際までフルキャストしてそこからダウンヒルに落としてきてください。こういった岬ではバスがスクールで回遊してくるので連続ヒットもありますよ!

また5月末〜7月前半までは岬から少しワンド側に入った大きな岩や溶岩が点在しているような場所を狙うとアフタースポーニングのビッグバスがヒットします。


03.jpg


そしてこれからの7月末からはウィードのエッジでのアーキーヘッドジグも釣れだしますよ。スピナーベイトも良くなってくるので使い分けるといいかもしれません。


関東屈指のビッグバスレイクである河口湖。これからの夏休みシーズンは他のレジャーを楽しむ方も増えるので安全にはくれぐれも気をつけて是非思い出に残るバスをキャッチしてくださいね!


04.jpg
<< 1 2 3 4 5 6 7 8 /8 >>
野村 俊介
野村 俊介

野村 俊介(のむら しゅんすけ)
生年月日・1978年06月07日
静岡県出身、山梨県在住
職業・プロアングラー

主な戦歴
JBプロシリーズ 最多優勝
2015・JB全日本バスプロ選手権 東日本 優勝
2012・エリート5 優勝
2011・JBバスアングラーオブザイヤー
2009・JBバスプロ選手権東日本 東日本 優勝
2009・JBバスアングラーオブザイヤー
2001・JBバスアングラーオブザイヤー


ページ上部へ