• HOME
  • ノムシュンのMy“Berry fish” fishing!
ノムシュンのMy“Berry fish” fishing!

2017.07.10「ロッドの話」

今回はちょっとマニアックなネタ。
タックルベリーの各店舗には中古のロッドが沢山並んでますよね?今回はそのなかでも特にバスロッドについて少し。

僕のやってるDELTA ROD BRANDというロッドと並行して説明させていただきますが、まずは素材の違いが大きく分けて4つあります。

まずはチューブラーと呼ばれるロッドのなかでも1番ベーシックなもの。24tの中弾性から40tなんかの高弾性まで様々な種類があります。DELTAではLPDseriesがそれにあたります。

01.jpg

続いて昨今、使用する方が増えたソリッドティップ。チューブラーのブランクスのティップ(穂先)の部分に折れにくく繊細なソリッドを使用したロッド。チューブラーだけではだせない繊細さを求める機種に使用されます。DELTAではFusion seriesに採用し比較的ロングレングスのRODを中心にラインナップしています。

02.jpg

少し珍しいものとしてはオールソリッドやフルソリッドと呼ばれる全てにソリッドのカーボンを使用したロッド。基本的に曲がりに対してきわめて折れないのですが、ブランクスが中空ではなく芯があるため重量が増すのが欠点。そのためDELTAではCOREseriesに採用してこちらは比較的ショートレングスのラインナップをしています。

03.jpg

最後にグラスやカーボンコンポジット、低弾性カーボンを使ったいわゆる巻物ロッド。バスのバイトを弾きにくく、主にハードプラグの使用に適しています。

ここ数年ガイドの小口径化が進みましたが、一方では多少大きめのガイドが付いていた方がラインスラックが作りやすくソフトベイトなどの釣りには向いているとの声もきかれます。

釣りをされない方からは「何故そんなに釣り竿が沢山必要なの?」という言われそうですが、ゴルフクラブに例えてみて下さい。ゴルフコースを2本や3本のクラブでまわる人はいないですよね?ルアーフィッシングの対象魚のなかでも圧倒的にルアーの種類が多いのがバスフィッシング。トーナメントなどになるとboatのデッキ上に10本なんてのは当たり前なんです。

04.jpg

そして、基本的にリールは車に例えるならグレードと同じ。値段が高いフラッグシップモデルの方が性能が高いです。
ただロッドは“好み”が非常に存在する。中弾性肉厚なトルクフルが好きな人もいれば高弾性のシャキッとしたのが好きな人もいる。短いスパンで新製品は登場してくるけど、カーボンに変わる何かがみつからないかぎり劇的な進化はしてないのも現状です。

だからこそタックルベリー各店舗で実際に触れてみて自分好みのロッドをみつけるのはありだと思いますよ。全て新品は気持ちがいいけどなかなか大変ですよね。どうしても釣り場で使ってみて合わなかったら買い取りもしてくれるので。あまり業界では語られないけど僕は身長によっても違うと思います。サーフボードやなんでもスポーツの道具って身長に合わせるし181cmの僕と170cmでは取り回しやすいレングスも多少変わるし、喫水の高いバスボートとローボート、オカッパリでも違うはず。

是非、自分にあったロッドを見つけてくださいね!

05.jpg

06.jpg

2017.06.21「梅雨のこの時期に…」

全国的に梅雨の時期ですが皆さん釣りには出かけられてますか?僕は鹿留、野尻湖、富士五湖、七色ダムと大体水辺におります…w

01.jpg
02.jpg
03.jpg
04.jpg

梅雨のこの時期はアングラーにとってはちょっと不快ですが、魚達は結構快適な時期でもあります。鹿留でスタッフの藤田クンと釣りをしているとリップの折れたレーベルのタドフライをトップウォーターで使いコンスタントにヒットさせていました。

05.jpg
06.jpg

僕はこーんなバスルアーにはないデザインのクランクで数匹キャッチ。

07.jpg

最近、トラウトの独自なルアーやコンセプトのなかにバスフィッシングに応用できるものがあるのではないかと興味深々です。

同じくバス用のルアー、特にハードベイトはこの梅雨の時期と雨や曇りのローライトコンディションで釣りやすいルアーが多い。特にトップウォーター系は釣れますよね。
初めて試すルアーを新品で買うのはちょっと高価…そんな時こそタックルベリー各店舗を探してみて下さい。そして様々なルアーを試して魚を釣って「風があるときはこっちのルアーがいいな」とか「ちょっと濁ったらコイツの出番」なんて自分なりの引き出しをいっぱい増やしてみて下さい。
バスフィッシングって他の魚種と比べると様々なジャンルのルアーがあります。様々なルアーの出しどころがわかると自分の幅が拡がってより一層楽しくなりますよ!

08.jpg

そしてパインレイクがリニューアルOPEN!
最近パインレイクで釣りしてないからそろそろビッグトラウトのファイトも楽しみたいところ。こちらも是非宜しくお願い致します。

09.jpg

2017.06.09ボートでのバスフィッシングのすすめ

バスフィッシングを楽しむ皆様は、オカッパリ派?ボート派?他にもフローターなどもあるしどんなスタイルで楽しんでいますか?
日本のバスフィッシングはオカッパリ人口が多いし、楽しみ方は人それぞれですが、僕はボートフィッシングをオススメします。

01.jpg

とは言ってもいきなりアルミボートやバスボートなど大掛かりのものではなくて、レンタルボート店には免許不要艇などもあるし、レンタルエレキやバッテリーを置いているところもあります。また、タックルベリー各店にはかなりの安値で中古のエレキ(トローリングモーター)なども購入できるので探してみるのもいいですね。

02.jpg

岸側から沖をみるオカッパリと違い、沖側から岸をみてルアーをキャストするのは新鮮なはず?
そしたらその次は魚探をつけてみて下さい!最新のカラー魚探やGPSは勿論あればいいけどはじめは白黒のシンプルなもので充分。これもタックルベリーで探す事ができるし、多分リールを1台買うくらいの金額でみつかるはず。魚探で呼び名を聞くと直接魚を探すと思う方が多いと思いますが、どちらかというと底(ボトム)の地形変化や水深をみるのに使います。特に関東なら亀山ダムだったり関西の自然の景色が残るリザーバーは周りの景色と魚探の急深だったり遠浅だったりという反応を照らし合わせていく事により地形の変化を学べます。

03.jpg

また水温計がついていれば春釣れだす7〜8℃だったりプリスポーンを意識する13℃、スポーニングの目安の16℃、夏暑くて釣れにくくなる25℃と少しでも冷たい流れ込みの水温…などと釣れた時と水温を照らし合わせる事でどんどん経験が積み重なっていきます。
僕的にバスフィッシングの最大の魅力でもある“探す”という行為がボートフィッシングによってさらに拡がるのです。

04.jpg

あらたなワクワクを求める方は是非今シーズン、チャレンジしてみて下さい。

*ボートに乗る際は必ずライフジャケットを着用して下さい。またこれからの暑い季節は水分補給などの熱中症対策も忘れずに。

05.jpg

2017.05.20『最近の鹿留とこの時期のバス釣り』

様々な魚が釣りやすくなる季節ですね!皆さんはどんな釣りに行かれているのでしょう?

最近のFISH ON!SHISHIDOMEにはこんな変わったトラウトも泳いでます。
01.jpg
02.jpg虹鱒のアルビノと赤い斑点が浮き出るアマゴのアルビノ。狙って釣るのも楽しいし、仲間内での早がけ勝負にアルビノは5ポイント?みたいな感じで楽しむのも面白いかもしれないですね!なかなかお目にかかれないのでこの辺までに機会に是非狙ってみて下さい。
そういえば先日仕事をしていると“テン”とばったり遭遇!
03.jpg
さすがに写真を撮る余裕はなかったのですがお互いビックリwこんな自然溢れる場所でのバーベキュー&フィッシングおすすめです。

さて、今回はこの時期のバス釣りについて少しお話したいと思います。
春というとバス達にとっては一年で最も重要な行事のスポーニング=産卵が行われる時期でもあります。
04.jpg
水質がクリアーな水域ではネストを守るオスバスの姿が見れると思います。この釣りについては人それぞれ意見があると思います。狙わない人、大きいバスだけ選んで釣る人、トーナメントなどでは狙う人。
どの意見が正しくてどの意見が間違っているという事ではないと僕は思います。
例えば河口湖の場合、ネストは5月のGW頃からはじまり、7月くらいまで続きます。特に後半になると水深4mといった肉眼では見えない深い水深になっていきます。水が澄んだ場所ではコイやニゴイに卵を食べられてしまう光景を目撃した方もいらっしゃるのでは?
SNSなどの普及によって写真を撮る機会も増えましたが、デリケートなこの時期、いやこの時期だからに限らずとも釣れてくれたバスの扱いには注意したいものですね。
先日のフィッシングガイドではあるお客様が魚が釣れてもライブウェルにキープすることなく大きいバスも小さいバスも「ありがとう」と優しくリリースする姿が凄く印象的でした。
釣りって自然な遊ばせてもらっているものそういった気持ちが大切ですね^ ^
05.jpg
06.jpg

2017.05.05「旬な釣り」

GW真っ只中ですが皆様はどこに釣りに行き、どんな魚に出会えたのでしょう?
なかなか行けないFISH ON!SHISHIDOMEなのですが、僕の旬な釣りはクランクベイトを使った釣り。

          01.jpg

適水温に近い今はトラウト達が中層を泳ぎ回っていることも多いのでその層に合わせて潜行深度を選べるクランクベイトの釣りが面白いです。
また雨の後などで若干濁った時も大きく水を動かすのでアピールしやすく効果的。
カラーと深度がピッタリ合った時の連続ヒットは快感ですね。

02.jpg
03.jpg
04.jpg

エリアトラウトってこれから釣りをはじめるビギナーを連れて行く機会も多いと思いますが、そんな時におすすめなのもクランクベイト。引き抵抗の少ないスプーンよりもブルブルと手元に動きが伝わってきて飽きにくい。大体のクランクベイトはそのブルブル感を感じる最低限のスピードでリーリングを続けていれば魚が勝手にヒットしてくれるのでビギナーにも使いやすいと思いますよ。


続きましては河口湖の旬な釣り。ワカサギレイクの旬な釣り。基本的に1年魚(なかには2年魚3年魚もいる)のワカサギは春になると産卵し親魚は死んでしまう。その弱ったワカサギが表層付近をヨタヨタと風などで流されてくるのをイミテートしたI字系プラグでの釣りが今の旬。とはいってもGWを過ぎると河口湖のバスは徐々にスポーニングが近づき表層よりボトムに目線がいくのでお早めに!野尻湖のスモールマウスでも今が旬のようです。

         05.jpg

I字系プラグのタックルはロングキャストできるスピニングタックル。ラインは極細のPEラインが飛距離も稼げるのでおすすめですが風が強い日は流されにくいフロロの3〜4lbもいいです。

         06.jpg

ルアーは各社様々ありますが、最近の流行は水面直下を引いてくるものよりも水に浮くフローティングタイプのもの。ルアーをゆっくり動かすI字系はバスがスレやすいのでカラーも結構重要だったりします。アングラー側の視認性が良いカラー。フラッシングにより集魚効果の高いルアー。食わせの要素が強いマット系のカラー。いくつかのカラーを用意してローテーションするといいでしょう。

         07.jpg

バス以外にニゴイ、コイ、ウグイなんかもヒットしますw
あらためてバスだけではなく様々な魚がフィッシュイーターなんだなって確認できる面白い釣りですよ。

2017.04.20春になりましたね

毎年4月になると僕の本業であるバストーナメントが一気に忙しくなります。
今年も九州は福岡県や三重県へと遠征してきて各地で桜を観てきましたが、なんとなく感じたのは今年は春が遅いなという事。去年は4/10頃に河口湖の桜も満開になっていましたが今年は雪も多かったしまだ蕾のままでした。

01.jpg


でも4/18にFISH ON!SHISHIDOMEを訪れると木蓮は既に散り始めて桜も満開、緑の景色が増えてました。


02.jpg

03.jpg

でも春が遅いと水の中はどうなの?と思う釣り人の方も多いと思います。例えば前の年と比べて2週間遅れるとそのままずっと遅れていくのか?という疑問。

長年釣りしてきた僕の経験ではそんなことはありません。あくまで感覚な話ですが…どこかのタイミングで一気に季節が追いつこうとします。このタイミングで釣り人のよく使う言葉「春爆」とか「Xデー」ってやつが起こるわけです。


今の時期からGW頃までの河口湖では表層I字系の釣りや強風時はジャークベイトがおすすめ、鹿留湖のトラウトは桜の花びらが湖面に落ちるこの時期、トップウォーターへの反応が非常に強くなってきます。ぜひお試しを。


さて今回は釣りネタが少ないのですが、鹿留のレストランで前から気になっていたメニューにチャレンジしてきました。ソースかつ丼とかリーズナブルでおいしそうなメニューのなか完全に異彩を放つそのメニューがこれ↓


04.jpg

その名も“Wカツカレー”¥2280なり。

その量もお値段も何とも豪快な1品。


01.JPG

もちろん僕は完食です!でもその日の晩御飯は食べれませんでした…w

やっぱり一人チャレンジはちょっぴり寂しかったので是非お友達と一緒に釣りに来た際に、話のネタに?罰ゲームに?我こそはと思う方は是非チャレンジしてみて下さいねw


この時期は強風の日も多いです。特にボート釣りをされる方は必ずライフジャケットを着用し安全に釣りを楽しみましょう。
<< 1 2 3 4 5 6 7 8 /8 >>
野村 俊介
野村 俊介

野村 俊介(のむら しゅんすけ)
生年月日・1978年06月07日
静岡県出身、山梨県在住
職業・プロアングラー

主な戦歴
JBプロシリーズ 最多優勝
2015・JB全日本バスプロ選手権 東日本 優勝
2012・エリート5 優勝
2011・JBバスアングラーオブザイヤー
2009・JBバスプロ選手権東日本 東日本 優勝
2009・JBバスアングラーオブザイヤー
2001・JBバスアングラーオブザイヤー


ページ上部へ