• HOME
  • ノムシュンのMy“Berry fish” fishing!
ノムシュンのMy“Berry fish” fishing!

2017.10.20最近の釣果&近況報告

シーズン後半。相変わらずのバタバタなトーナメント生活をおくっていますが、そろそろFISH ON!鹿留にも行きたいと思う今日この頃です…w

さて、マスターズAOYを獲得した先日のマスターズ最終戦の後は野尻湖に残って雑誌取材↓

image01.jpg

詳しくは2018の4月発売を予定しているルアーマガジンの別冊にて紹介されるのでまだまだ先になりますがお楽しみに。

河口湖では最近ディープクランクやスピナーベイト、またウィードを撃つパンチショットリグにていいサイズのバスが釣れてます。またバスだけでなくワカサギもかなり釣れてるようなんでまずはタックルベリー各店舗にある中古タックルなどで揃えて、バス釣りの合間にお土産を釣るってのもアリかもですね^ ^

image02.jpg

image03.jpg

image04.jpg

そして、現在この原稿を書いている僕はTOP50最終戦の開催される茨城県に来ています。
既に悪天候の為、大会初日が中止になりましたが現在年間暫定5位で2012年以来5年振りのエリート5出場に挑みます。そんな今大会の模様は釣りビジョンが密着するので放送をお楽しみに!

image05.jpg

image06.jpg

image07.jpg

2017.10.09近況報告とフォールターンオーバー

更新が遅くなりすいません。
ボートトラブルやらトーナメントやらでバタバタとしておりますが、遂に4度目となるJBマスターズのアングラーオブザイヤーを獲得する事ができました。最近はトーナメント中心の生活でなかなかプライベートな釣りやFISH ON!鹿留にも行けてないのですが応援して下さる皆様ありがとうございますm(_ _)m

image01.jpg

さて、最近釣りしたフィールドは河口湖、北浦、野尻湖。山上湖だったり、平地のフィールドだったり、スモールマウスレイクだったりと多種多様ですが、共通しているのが「フォールターンオーバー」に入ってきたということ。

image02.jpg

画像は野尻湖のものですが、水面に泡が浮いているのがわかりますか?ボートが走った後やロッドで水面をかき混ぜた後、いつまでも泡が残っているのがターンオーバーの1つの目安です。

バスフィッシングのなかでもっとも難しい時期ともいえるターンオーバーがどうして起こるのか?をおさらいすると最近、朝晩の冷え込みがきつい日が増えてきましたよね?これによって水面の水が急激に冷やされます。すると温度が下がった水は重くなるので下に沈んでいきます。
金魚を飼っている水槽の水を上下入れ替わるようにかき混ぜてみて下さい。底に溜まっているフンやエサの残りが巻きあがって水槽の水が汚れると思います。湖のボトムに溜まっているヘドロなどが巻きあがって水質が悪化し魚の活性が下がるのです。

では、皆様の通うフィールドでターンオーバーがはじまったと思ったら考える事。それは…

「少しでも水のよい場所を探すこと」

です。水の動かない水深が深い場所ほど起こりやすいので考えることは…例えば

・ドーム状に生えるカナダ藻のなか

image03.jpg

image04.jpg

河口湖や琵琶湖などのウィードレイクにはあるでしょう。ウィードは光合成により酸素を出しますしドーム状に生えることで周囲の悪い水をプロテクトする効果もあります。

・流れ込み
これはターンオーバーが起こりにくいです。特に酸素の多い流れ込んできた水がプールするような場所を探してみて下さい。

・シャロー

image05.jpg

image06.jpg

水深が浅ければ表層と底の水温差が生まれにくいです。絶対数は少なくてもベイトフィッシュがいればかならずシャローにグッドサイズがいると思いますよ。

釣り方は水が良い場所ほどマッチザベイトなワーム類など。悪い所はスピナーベイトやシャッドなどリアクション効果の高いルアーがオススメです。色々試してみて自分なりのローテーションをみつけて下さい。

それでは皆様よい釣りを!

image07.jpg
1 /1
野村 俊介
野村 俊介

野村 俊介(のむら しゅんすけ)
生年月日・1978年06月07日
静岡県出身、山梨県在住
職業・プロアングラー

主な戦歴
JBプロシリーズ 最多優勝
2015・JB全日本バスプロ選手権 東日本 優勝
2012・エリート5 優勝
2011・JBバスアングラーオブザイヤー
2009・JBバスプロ選手権東日本 東日本 優勝
2009・JBバスアングラーオブザイヤー
2001・JBバスアングラーオブザイヤー


ページ上部へ