• HOME
  • ノムシュンのMy“Berry fish” fishing!
ノムシュンのMy“Berry fish” fishing!

2016.10.20ターンオーバーの攻略法

ぐっと気温が下がって秋も深まり、富士五湖周辺ではそろそろ紅葉もはじまりそうですが皆様の釣果はどうですか?

僕のホームレイクである河口湖ではここ1週間ほど前から遂にターンオーバーが始まりました。夏の暑さから解放されバスの適水温になり、シャローからディープまで広範囲で釣れていた湖が少しテクニカルになるけれどしっかりと狙えばいい釣果も期待できるのがこのターンオーバーの時期でもあります。

ターン1.jpg

今回はこのターンオーバーについて書いてみたいと思います。

まずはターンオーバーって何?って方のために簡単に説明していくと、朝晩の冷え込みが厳しくなり昼との気温差が激しくなってくると湖の表層にある外気と接している水が急激に冷やされます。すると冷やされた水は重くなり中層や底の方の水の下へ下へと潜り込もうとします。熱いお風呂の湯船にゆっくりと冷たい水を入れていくと混ざるのではなく上に熱いお湯、下に冷たい水と分かれるはずです。

するとどういうことが起きるでしょう?魚を飼育したりしている水槽の水を上下にかき混ぜればきっと底の方に沈殿している餌の食べ残しや魚の糞といったものが巻き上がってきてたちまち水槽の水は汚れてしまうでしょう。エラで呼吸をする魚たちはゴミの舞い散る水の中で活性が下がってしまうのです。

判断の方法としては

* 普段より水が濁り、よく見ると小さな塵のようなものが水中に舞っている。

* boatなどが走り去った後にいつまでも水面に泡が残っている。

などです。

さてここまで書くと釣れなそうって思ってしまいそうですが、逆に条件の良いところには魚が集まりやすく良い釣果に恵まれることもあります。その条件とは、

* 水質がよいところ

これにつきます。具体的には

1・流れ込み

酸素の多いきれいな水が流れ込む流入河川周辺は魚が集まりやすいです。特に沖側にウィードがあればそのインサイドにはきれいな水がとどまりやすいためにより良いでしょう。

ターン2.jpg

ターン3.jpg

こんな場所ではコングなどのバド系プラグやバズベイトなどが効果的です。

2.ウィードドームのなか

カナダ藻などドーム状に生えているウィードのなかの水は外のターンオーバーの水をプロテクトしやすく、光合成により酸素も豊富。

ターン4.jpg

こんなウィードの中を攻めるにはパンチショットリグやヘビーウェイトのラバージグが必要です。突然のビッグバスにも対応できるような強めのベイトタックルや太めのラインを使うことも重要です。

3・ウィードアウトサイド

これは少しターンオーバーが落ち着き始めた時に有効になってきますが、普段のクリアーな水質よりもハードベイトなどへの反応がよくなります。

ターン5.jpg

ターン6.jpg

ウィードアウトサイドである4〜5mラインを引いてくることのできるディープクランクやヘビーウェイトのスピナーベイトが有効です。リアクションバイトを狙います。

以上が簡単な秋のターンオーバー攻略法。季節の変わり目、皆様も風邪などに気をつけていい釣りをしてくださいね!

ターン7.jpg

2016.10.05ラインの話その2

さて、前回は極めてベーシックなバスフィッシングにおけるラインの使い分けを紹介させていただきましたが、今回はもう少しディープでマニアックな使い方などを紹介していきたいと思います。

最近トーナメントなどでよく使われだしているのが号数でいうと0.8号より細いPEライン。0.3号なんて細さのものも使われています。数年前は“パワーフィネス”などと呼ばれウッド系のカバー周りで使うイメージでしたが、現在では表層I字系の釣りに多用されたり、シャッドのドラッキングなどにも使われています。

これらの釣りに共通しているのが“ロングキャスト”していてロッドからルアーまでの距離があるということです。いくら伸びの少ないフロロカーボンラインを使用していても20〜30mラインがでているような状況でバスがついばむようなバイトをした場合、なかなかしっかりとしたフッキングに持ち込むことは難しいです。そこで登場するのがフロロカーボンラインよりもさらに伸びの少ない細PEなのです。軽くロッドをあおるだけで初期フッキングできるのでショートバイト対策にもなるメリットがあります。

8本よりがラインの放出がスムーズで好まれますが、4本よりの方が摩擦に強かったり、ウィードの切れが良かったりする場合もあるので自分に合ったラインを探してみて下さい。

LINE1.jpg

次に紹介するのはダウンショットリグやキャロライナリグ、また先程紹介した細PEとルアーの間に使用するリーダーです。

LINE2.jpg

特に今回はダウンショットリグでのリーダーについて説明していきたいと思います。

メインラインとリーダーの間に使うのがスイベル。中でもこのスイベルがおすすめです。

LINE3.jpg

何故スイベルをつけるのか?というとダウンショットリグで長時間キャスト&ピックアップをすると問題になってくるのがラインの“ヨレ”。これは特にリグのピックアップ時にワームが回転してしまうことにより起こります。よくシンカーにスイベルがついているものでなくては駄目だとおっしゃる方がいらっしゃいますが実際にはそのシンカーよりもメインライン側にもっと回転するワームがついているため意味がないのです。フックにスイベ

ルがついているものはその点において利にかなっています。しかし、あえてリーダーを組むことによってのメリットは非常に多いのです。

それはメインラインを細くしリーダーを1〜2ランク太くすることによって軽量リグの操作性を損なわずにビッグバスの歯によるラインブレイクや岩などの障害物に擦れるなど最も起こりやすいフック手前でのラインブレイクを防いでくれるのです。

またスモールマウスなどのフックやラインを頻繁に交換するような釣りではあらかじめこのスイベルから先のリグをいくつか作ってスポンジなどに巻いておくことによって釣り場での交換をスムーズにしてくれます。

まだの方は是非1度試してみて下さい。

最後は最近僕が気になっているライン。それはエステルラインです。

LINE4.jpg

アジングやトラウトをされる方には既に定着しつつあるこのライン。イメージは“透明なPE”といった感じ。ただバスで使うような号数にすると硬さによるライントラブルが起こりやすかったり、摩擦に弱かったりと問題点もあります。ただフロロカーボンラインでもとれないようなバイトを感じたりと近年最も僕に衝撃を与えたライン。現在どこかで出番がないかと試行錯誤しています。

このようにタックルベリー店頭にも並んでいる様々なラインを使いこなすことによって釣果はもっとアップするはず。皆様も是非自分だけの使い分けを見つけてくださいね。

LINE5.jpg
1 /1
野村 俊介
野村 俊介

野村 俊介(のむら しゅんすけ)
生年月日・1978年06月07日
静岡県出身、山梨県在住
職業・プロアングラー

主な戦歴
JBプロシリーズ 最多優勝
2015・JB全日本バスプロ選手権 東日本 優勝
2012・エリート5 優勝
2011・JBバスアングラーオブザイヤー
2009・JBバスプロ選手権東日本 東日本 優勝
2009・JBバスアングラーオブザイヤー
2001・JBバスアングラーオブザイヤー


ページ上部へ