• HOME
  • ノムシュンのMy“Berry fish” fishing!
ノムシュンのMy“Berry fish” fishing!

2016.09.20ラインの話その1

今回は釣りには最も重要なアイテムの1つでもあるラインの話。

皆さんはどの釣りにどのような種類のラインを使っていますか?

僕なりの最近の使い分けをバスフィッシング、そしてサポートしていただいているサンラインの製品を中心に紹介していきたいと思います。

まずはフロロカーボンライン。現在バスフィッシングでは最も主流のラインですね。

それまで主流だったナイロンラインに比べ、吸水による劣化が少なく低伸度でボトムの感触や魚のバイトなどへの感度があがり、耐摩耗性にも優れています。当初、欠点とされていた硬さによるライントラブルはリール性能の向上、そしてテストを重ねた現在の“FCスナイパー”ではほとんど感じることはないでしょう。実際、僕のバスフィッシングにおいて80%くらいはこのFCスナイパーで成り立っています。

01.jpg

また、マッディーシャローなどで重宝されているのがフロロカーボンラインにバイトマーカーをつけた“BMS AZAYAKA”ルアーのフォール中にラインが横に走っていくようなロッドに出ないアタリを目で確認することができます。またラインが見えることによりルアーの軌道がわかりやすくピッチングなどが決まりやすくなることに驚かされるので是非1度試していただきたいラインでもあります。僕の場合はバイトのわかりにくいノーシンカーリグ、特に高比重系ワームを使ったピッチング主体の釣りによく使用します。

02.jpg

また初心者の方よりも玄人向きのフロロカーボンラインとして“シューター”という超低伸度設計の超高感度で強靭性、耐久性に優れたラインもラインナップされています。使いやすさよりも強さに重点を置いたライン。最近僕が多用しているのがこのライン。フルキャスト時にフッキングをしっかりと決めたいフットボールジグやベイトフィネスでのカバー撃ち、スピニングタックルで根ズレの多い場所を狙う際に使用頻度が高いです。

03.jpg

また近年ではナイロンラインも進化してきました。昔と違い伸びも少なくなった“デファイヤー アルミーロ”僕の場合、ポッパーなどのポーズをとる時間が長いトップウォータープラグに使用します。比重の重いフロロカーボンラインでは時間が経つにつれてライン

が沈んでしまいルアーのアクションの切れが悪くなってしまうのでナイロンラインは今でもなくてはならない存在なのです。

04.jpg

最後にPEライン。フローティングマットやグラスエリア、ウッドカバーなど人工物以外のヘビーカバーからビッグバスを引きずり出すにはなくてはならないライン。“ステューター”は8BRAIDを採用しているのでキャスト時もスムーズにラインが出ていきます。僕はフロッグ、羽物系トップウォーター、シャローのヘビーカバーなどに使用します。

05.jpg

今回紹介させていただいたのがベーシックなライン選び。参考になったでしょうか?タックルベリー店舗には他社を含め、様々なラインが豊富にラインナップされておりますので迷った際にはお気軽にスタッフに相談してみて下さい。

次回はさらにマニアックなラインチョイスについて紹介したいと思います。

06.jpg

2016.09.05トーナメントのすすめ

突然ですが、皆様は釣りの大会、トーナメントに出場したことがありますか?

僕の本業はバストーナメントですが、大会は他にもトラウトのエリアトーナメントや、ヘラブナ、アユ、磯釣りなど様々な魚種、様々なジャンルで開催されていますよね?

01.jpg

初めての出場の際は、用意しなければいけないものがあったり、細かなルールなどを覚えなければならなかったりと少し大変かもしれませんが、参加者全員が同じルール、同じ時間内で釣果を競う大会は面白いですよ!

02.jpg

一人で釣りをしていると釣れなかった時も「今日はタフコンディションだからなぁ」なんて感じで終わりますが、それが大会になるとほとんどの場合、自分より釣ってくる人がいます。それが場所であったり、釣り方や狙い方であったりと自分の気づかなかったことを教えてもらえる“答え合わせ”になります。

また、エリアトラウトなどでは隣の人が自分と同じスプーン、同じカラーを使って爆釣している姿がみられるかもしれません。こうなるとテクニックの差ですよね?

よく大会開催日に同じ湖で大会参加者達が釣れないなか自分はすごい釣った!なんて話を耳にしますが、そういう人こそ是非一度、出場してみて下さい。

03.jpg

例えば僕はプライベートでブラックバスの50センチ60センチを釣っても指先が震えたりはしません。でもトーナメントでは大事な場面でノーフィッシュで終わるかもと思いだした時に釣れたたった25センチの魚に指先が震えたり、普段なら抜きあげてるサイズにネットを伸ばしたり、普段ならバレないような魚がへっぴり腰になってちゃんとファイトできずにバラシたり…それが20年トーナメントに出場していてもいまだにありますw

04.jpg

年齢を重ねるごとに普段の生活のなかでドキドキ緊張したり、嬉しすぎて叫んだりすることって少なくなってきますよね?少なからず大会に出るとそういった忘れかけてる感情を思い出させてくれるいいスパイスになるかもしれないですよ♪

05.jpg
1 /1
野村 俊介
野村 俊介

野村 俊介(のむら しゅんすけ)
生年月日・1978年06月07日
静岡県出身、山梨県在住
職業・プロアングラー

主な戦歴
JBプロシリーズ 最多優勝
2015・JB全日本バスプロ選手権 東日本 優勝
2012・エリート5 優勝
2011・JBバスアングラーオブザイヤー
2009・JBバスプロ選手権東日本 東日本 優勝
2009・JBバスアングラーオブザイヤー
2001・JBバスアングラーオブザイヤー


ページ上部へ