• HOME
  • ノムシュンのMy“Berry fish” fishing!
ノムシュンのMy“Berry fish” fishing!

2016.03.20春の訪れとアングラーの皆様へのお願い

ベリーパークFISH ON!鹿留では今年も鹿留湖リニューアルを終え爆釣だった様子。

このコラムが掲載される連休中にもさらに大放流が予定されているので皆様このチャンスを逃さず是非遊びにいってくださいね^^

そんな鹿留でもフキノトウが出てきたりといよいよ春らしくなってきました。

01.jpg

周囲の渓流も解禁になったり、河口湖でもオカッパリで60UPのバスが釣れたとのニュースで多くのアングラーが訪れたりといよいよ各所でシーズンインって感じですが、今回はそんな本格的なシーズンインを前に最近僕が思っていることをちょっぴり辛口に書かせていただきたいと思います。

それは「ゴミ」の問題。

ゴミを拾いながら歩いていると目立つのは「煙草の吸殻」と「ライン」

02.jpg

03.jpg

まずは煙草ですが、皆様見落としているかもしれませんが鹿留湖には入り口に喫煙所が設置されています。

04.jpg

これからのハイシーズンに入るとお客様が増えるのはもちろんですが、管理釣り場ということで小さなお子様も増えてきます。副流煙やついつい釣りに魚に集中しちゃうので安全性などの点で気をつけていただきたいです。

次にライン。エリアフィッシングということで極細のラインなどを使うことからライントラブルも多いと思います。しかしできるだけ回収し持ち帰ることが大切。そのままにされたラインは鳥などに絡まってしまうのはもちろんのこと、こちらも小さなお子様などが足を取られ転倒してしまうことがあります。

そしてこの2つに共通しているのが、このゴミの多くが不意に落としてしまったのではなく、岩のくぼみを灰皿代わりにしてそのまま放置だったり、ラインもきれいにまとめたものを捨ててあるということ。なぜ携帯灰皿やポケットに入れないのだろうという疑問。

確かに管理釣り場なので僕たちスタッフが毎日それらのゴミを拾いに来ます。

でも「ゴミはゴミ箱に」っていうアングラーとして当たり前の習慣がなかったらこのゴミの持ち主たちは自然のフィールドではどうしているんだろう?と僕は危惧してしまいます。

釣りをしているとゴミを絶対出さないというわけにはいきません。僕も1日釣りをすれば根がかりがどうしても回収できずにロストしてしまったりします。そんな時に僕が考えるのは1回ロストしたら2つ以上ゴミを拾って帰る。2回なら3つ以上…

せっかくの休日に釣りをやめてゴミ拾いをしろとは言いません。でも一人一人がそんな気持ちでいれば“アングラーの増加=ゴミの増加”にはならないと思います。

昨今は全国でゴミなどの問題から釣り禁止になってしまう野池なども増えています。こんなに楽しい釣りという遊びをずっと続けていくためにみんなで気をつけていきましょう。

さて、暗い話題はこのくらいにして僕の趣味でもある料理ネタ。

パインレイクに最近よく放流されるロックトラウトってイワナ×レインボーの交配種ですが、実はお刺身で食べる目的で品種改良されたものらしいですよ。特に水の綺麗な鹿留のメスのロックトラウトは絶品ということなのでさっそく料理。

3枚におろしたものに塩を振り30分ほど寝かした後に塩を洗い流し水分をふき取り酢につける酢飯との間にとろろ昆布をひき、“マスの押し寿司”を作ってみました。

05.jpg

06.jpg

また余った切り身はこんがり焼いたバケットにマヨネーズを少し塗ってアボカドと一緒にのせます。ブラックペッパーを振りオリーブオイルを少したらせば美味しい朝食のできあがりです^^

07.jpg

お持ち帰り匹数以内でキープしてたまにはキャッチ&イートなんてのもいいですよ♪

08.jpg

09.jpg

2016.03.05ノムシュン的おすすめフィッシングスタイル in 鹿留 その

まずは告知。3/11ベリーパークFISH ON!SHISHIDOMEの鹿留湖がリニューアルOPENです!

01.jpg

昨年のリニューアルOPENの際に僕の仲間達も数人行ってきたと聞きましたが、本当に凄い釣れっぷりらしいです!あまりに釣れすぎて満足して途中で帰ったほどだということなので様々なルアーや自作のフライなどで釣って自信を高めるチャンスだったり、初心者のお友達や彼女や奥様、お子さんなどを連れて行って釣りにどっぷりはめるチャンスだったりするので皆様も是非遊びにいらしてくださいね‼

さて、僕の最近はというと…テンカラやフライフィッシングばかりやっているイメージですがルアーフィッシングもちゃんとやっております。ABUカーディナル33を引っ張り出してきて楽しんでいますが、最新のリールと違ってこれがまたスリリングでちょっと大きいトラウトがヒットした時のドキドキ感が何とも言えません。本業のバストーナメントでは最新のタックルで魚に主導権を与えない感じですが、こんなオールドタックルも大好き。もちろん皆様もご存じのとおりタックルベリー各店舗にはこうしたオールドタックルも格安で出てきますよね?ただやっぱり良い物はすぐに売れてしまうからこまめにお店に通ってcheckしていてください!ベリーオークションをcheckするのもいいですよね!

02.jpg

既に周りの雪もすっかり溶けて春めいてきた鹿留ですが、水温も徐々に上がりこれまでルアーではメタル系などボトム狙い中心だった水の中も少しづつ様々なルアーに反応するようになり、いよいよ楽しい季節がやってきたという感じです。特に河川エリアではコチラ↓

03.jpg

絶賛発売中のムカイさんのZANMU・FISH ON!鹿留&王禅寺オリジナルcolor🎵

エリアスタッフ発信のオリカラはやっぱり釣れますね!

なかでも僕の好きなカラーはパーリーピーポー&色物キラー

04.jpg

先日はパーリーピーポーでニジマスが1キャスト1ヒットの入れ喰い、ちょっとスレてきたかなってタイミングで色物キラーにチェンジすると1投目にシルバーサーモンとまさに絵に描いたような展開でした。河川エリアでは35、鹿留湖&パインレイクでは45がおすすめですが、引き抵抗がプルプルとロッドに伝わるクランク系は初心者の方にもおすすめです。

05.jpg

06.jpg

最近のパインレイクはロックトラウトが良く釣れています。ミノー、プラグなどいろいろ試してみましたが、先日はティアロ1.6gをキャストしボトムをとった後ゆっくり巻くといったとてもベーシックなアプローチが意外と1番良かったりします。

07.jpg

こんなカッコいい雄のロックや…

08.jpg

09.jpg

とてつもない体高の雌のモンスターロックなんかも釣れました。

どうですか?やばいでしょ?

そんな感じで今回はちょっと宣伝ばかりになってしまっているんでたまには近所のグルメの話も・・・

「本手打ち釜あげうどん みやふじ」

他県からいらっしゃる方も多いと思いますが是非1度は行ってもらいたいのがこのみやふじ。

山梨というとほうとうを思い浮かべる方も多いと思いますが、地元の人が食べに行くのは吉田うどん。

そのうどん激戦区のなかでも“キング オブ ウドン”の呼び声も高いのがここの湯もり。

塩、小麦粉、水だけのシンプルな湯もりに各自お好みでトッピングをしていくのですが、僕のおすすめはかつお節、ネギ、辛味、しょうゆ!美味しそうでしょ?

10.jpg

11.jpg

鹿留から車で5分ですが営業時間が午後13時までと短いのでまずうどんを食べて、3月から始まったアフタヌーン券で鹿留にってコースがありかもですね!同時にイブニング券も始まり最大で19時半まで釣りができるようになったので会社帰りの方も是非!って感じでやっぱり宣伝になっちゃいましたねw
1 /1
野村 俊介
野村 俊介

野村 俊介(のむら しゅんすけ)
生年月日・1978年06月07日
静岡県出身、山梨県在住
職業・プロアングラー

主な戦歴
JBプロシリーズ 最多優勝
2015・JB全日本バスプロ選手権 東日本 優勝
2012・エリート5 優勝
2011・JBバスアングラーオブザイヤー
2009・JBバスプロ選手権東日本 東日本 優勝
2009・JBバスアングラーオブザイヤー
2001・JBバスアングラーオブザイヤー


ページ上部へ