• HOME
  • ノムシュンのMy“Berry fish” fishing!
ノムシュンのMy“Berry fish” fishing!

2016.02.20ノムシュン的おすすめフィッシングスタイル in 鹿留

2月も後半になると渓流などの解禁準備に忙しい方も多いのでは?
河川エリアに練習に訪れるお客様も多い最近の‘ベリーパークFISH ON! SHISHIDOME’ですが、最近のボクはパインレイクでのフライフィッシングと鹿留湖や河川エリアでのテンカラがマイブーム。第3回目となる今回はこの2つの釣りをメインにご紹介していきたいと思います。

まずはパインレイク。ここでは毎週木曜日と毎週土日の偶数日がフライフィッシング専用日となっています。(奇数日はルアー専用日、パインレイクでのテンカラは禁止)

.jpg

フライフィッシングというと他の釣りをされる方からも「敷居が高いイメージ」と言われる事も多いのですが実際はそんなことないですよ。特にゆったりとした休日を過ごしたい方、またブラットピット主演の映画【リバーランズスルーイット】を観たりすればきっとお洒落なイメージから女性にも受け入れやすいと思うのでデートフィッシングにも♪

ルアーフィッシングと違ってラインなどを頻繁に変えることもなく、安価な完成品のフライで充分に釣れるので1度タックルを揃えてしまえば実はお財布にも優しいですよ!
先日遊びに行った‘タックルベリー甲府アルプス通店'には1流メーカーの中古フライロッドがお手頃価格で沢山並んでいたので是非お早めにcheckしてみてください。


.jpg

.jpg


店長の八戸サンはよく鹿留にも遊びに来ていて特にルアーはボクではかなわないエキスパートアングラー。皆様たくさん質問してみて下さいね!

中学生くらいの頃から芦ノ湖などでのフライフィッシング経験はあるものの、その後のブランクなどまだまだ勉強中のボクですがもう少し上達したらパターンなど詳しく説明していこうと思います。ただやっぱり言えるのは夕マズメは狙いめ。パインレイクにあるシャワールーム、乾燥室完備のレストハウスは休憩もできるので焦らず休み休みプライムタイムを待つのが最終的に釣果を伸ばすコツかもしれません。


ぃ.jpg

.jpg


次にご紹介するのがテンカラ。いや僕のスタイルはTENKARAかな?
数年前にけん玉がアメリカでKENDAMAとしてブームになり、逆輸入という形で原宿などを中心に日本の若者の間で流行ったけどまさにTENKARAはそんな感じです。
フライ人口が減少しているアメリカでも別名「シンプルフライ」とも呼ばれ初心者にも簡単なテンカラが注目されていますが、もちろんボクもはじめたばかりの初心者。パタゴニアのセットを購入しまずは勉強中ですが・・・とにかく釣れます!簡単に!
だから初心者に是非オススメです。(3.6m以下の竿。またエサ釣りと誤解されない為に専用の竿を使用して下さい。またウキは禁止です。)

.jpg

こちらも日本の伝統的な釣りという事もあって敷居が高いイメージですが・・・リールもないから更に簡単。難しく考えなくても大丈夫です!
ただ初心者の方ほど短めで先調子、そして鹿留の魚は大きかったりファイトも強いので硬めの竿を選ぶといいかもしれません。

フライ(毛バリ)のチョイスもボクもまだ難しいパターンなどわかりません。
でもやっているうちに気づいたのはレンジが大事ということ。
【浮く・漂う・沈む・早く沈む】の4つのフライを使い分ければフックサイズは#12で大丈夫で白だったりチャートやオレンジが入ったような視認性の高いものが使い易いです。

使い分けは暖かい日や夕方は【浮く・漂う】フライ。
寒い日や風がある日は【沈む・早く沈む】フライ。

フライをくわえる姿が見えたり、ラインが引っ張られたり、上げたら釣れてたりと釣れ方は様々ですが驚かされたのはルアーよりも様々な魚種が簡単に釣れてくるという事。ヤマメ、タイガー、イワナ、ブルック、シルバーなどニジマス以外もホントに良く釣れてきます。そんな部分がボクでもワクワク楽しいし、初心者の方など連れて行ってもきっと大興奮ですよ!最後はそんな鹿留の魚達の写真で^^

.jpg

.jpg

.jpg

.jpg

.jpg

2016.02.05ベリーパークinフィッシュオン!鹿留の紹介とおすすめグルメ

さて第2回目となる僕のコラムですが今回は僕がスタッフをしているFISH ON!鹿留の簡単なご案内をしたいと思います。

まずは僕がこの施設で1番好きな河川エリア。上流部ではイワナやヤマメ、ブルックなどが狙え下流部ではニジマスが狙えるのですが、なんといっても鹿留川の水をそのまま使った綺麗な水と自然は釣りをしていて気持ちがいい!マイナスイオンたっぷり吸収しながらトイレなどの施設も完備され女性の方でも安心というのは他のエリアにはなかなかない環境だと思います。そして、このエリアで最近僕がハマっているのがテンカラ。3.6m以下の竿ならOKなのですが、竿、糸、毛ばり(フライ)という最もシンプルな日本の伝統的な釣りは近年ヨーロッパやアメリカなどでも高く評価されています。そして簡単に釣れちゃいますので是非チャレンジしてみてほしい釣りです。

01.jpg


02.jpg

次に紹介するのはパインレイク。こちらは大型で美しい様々なトラウトが狙える夢のようなフィールド。僕はまだまだ詳しくないのですが先日は鼻が曲がったかっこいいロックトラウトのオスが相手をしてくれました。

03.jpg

最後に紹介するのは鹿留湖。みんなで数を競ったり、ロックトラウトや大型イワナなどの色物を狙ったりと様々なスタイルで楽しめますね。ここ最近の鹿留湖は水質もかなりクリアーになり日中はボトム付近を攻略すると数が伸びます。またこの季節の平日は人が少ないのでフライロッドも振れます。でも1番おすすめなのは実は夕方16時以降。寒いから早めに帰ってしまうお客様も多いのですが実はこの季節でもイブニングライズなども発生してトップや表層の釣りで楽しめてしまうのです。

04.jpg

05.jpg

そんなこともあり、どうしても渋くなる日中は施設内のレストランでランチをとり身体を休めて、夕方に備えるのも実は釣果を伸ばすコツだったりします。コンビニ弁当でがっつり釣りするのもいいけど特にデートや家族連れならこんな時間が大切だったりしますよね?身体を温めたいならラーメンがおすすめ。新メニューの「担々麺風豆乳ラーメン」もかなりの人気ですが、ズバリ僕が好きなのは「ピリ辛みそラーメン」です!

06.jpg

07.jpg

08.jpg

2月の僕はここFISH ON!SHISHIDOMEにいることが多いので見かけた方は気軽に声をかけて下さい。宜しくお願いします^^
1 /1
野村 俊介
野村 俊介

野村 俊介(のむら しゅんすけ)
生年月日・1978年06月07日
静岡県出身、山梨県在住
職業・プロアングラー

主な戦歴
JBプロシリーズ 最多優勝
2015・JB全日本バスプロ選手権 東日本 優勝
2012・エリート5 優勝
2011・JBバスアングラーオブザイヤー
2009・JBバスプロ選手権東日本 東日本 優勝
2009・JBバスアングラーオブザイヤー
2001・JBバスアングラーオブザイヤー


ページ上部へ