• HOME
  • 森永誠の釣り日和
森永誠の釣り日和

2008.12.30 Tuesday第32回 プロ野球選手とにぎやかに恒例の釣りロケ

 プロ野球の選手は長いペナントレースが終了して、来年2月1日のキャンプ・インまでがシーズン・オフとなっています。この短い期間にいろいろなイベントをこなし、プライベートな時間を過ごすのですが、私がレギュラーを務めるサンテレビ「ビッグフィッシング」では、12月中旬にプロ野球選手による釣りロケを行うのが恒例となっています。私も4年前からロケのお手伝いをしていますが今年は18日に兵庫県明石で船釣りを楽しみました。
 今回参加したのはオリックスの北川博敏選手、阪神タイガースの高橋光信選手、ヤクルトスワローズの古久保健二二軍バッテリーコーチです。昨年のロケと同じメンバーですが、古久保さんが中日ドラゴンズからヤクルトスワローズに今年移籍しました。プロ野球選手やコーチは個人事業主のため1年1年が勝負で、実績を残さないと球団と契約できないのです。そんな厳しい状況に全員がプロに残れたというのは“結果”を出した証でしょう。本当にお疲れ様でした。もちろんビッグフィッシングのキャスターであるオール阪神さんもこのロケに毎年参加しています。
all sunrise
 当日のスケジュールでは午前6時に明石の鍵庄さんに集合となり、午前中に釣りを楽しむことになっています。現地到着一番手は古久保さんで、次いで高橋さんが訪れました。「僕はね船苦手なんですよ。今日はきっと酔うと思います」と心配げな高橋さん。「ミツ(高橋さんの愛称)何とかなるわ。薬飲んだか」と心配する古久保さんはやさしい先輩です。しばらくすると北川さん、オール阪神さんも訪れ、歩いて数分の護岸に停泊している大型乗合船に全員で乗り込みました。
 前日は雨だったので風が吹くことが予想されましたが、その心配は不要で港を出ると海は凪状態です。これなら高橋さんも船酔いの心配はなさそうと思ったのですが「これでもダメです」と高橋さんは真顔で答えます。そこで高橋さんに船の揺れが少ない中央付近に座るように促し、下を見ると酔うので常に水平線を見るようにとアドバイスします。今日は阪神さんが仕事の関係で10時に港に引き上げますが、それから再度海に出て釣りをします。高橋さん何とか10時までは頑張ってほしいと祈る気持ちでした。
 船はベタ凪の中、滑るように鹿ノ瀬に向かいます。船酔いは船が走っているときよりも、船が止まり複雑に揺れるときになってしまいます。高橋さんを見るとかなり辛そうです。けどあまり話しかけると高橋さんがかえって気を使うと思い、気にはしながらもあまり見ないように話しかけないようにしました。
 私が感心したのは高橋さんしっかりと船酔いしたのですが、決して釣りをやめようとはせず帰りまでがん張ってくれたことです。実は私も若いころは船に弱くて「ゲエゲエ」吐きながら仕事をした経験があります。仕事だから何とか頑張れたのですが、遊びの釣りだったらきっと「釣りやーめた」という心境になり、船の中で寝ていたと思います。いえ、実際にはあまりにも辛くて仕事にならずに寝てしまったこともありました。高橋さん時々吐いていましたが、そこは勝負に生きる男です。最後まで他人に辛そうな姿勢は見せず、ポーカーフェイスを通していました。
 鹿ノ瀬ではメバル狙いです。真っ先に竿を曲げたのは北川さんでした。「来たよ」と大きな声を上げて周りを元気づけます。20造鮴擇襯汽ぅ困任靴燭、本命のメバル登場に周りは一気に戦闘ムードに突入です。次も北川さんにメバルが釣れました。釣るパターンをつかんだ北川さんは4尾立て続けにキャッチしてご機嫌さんです。「この釣りは面白い」と夢中で釣りまくり、完全にメバル釣りにはまったようです。
1 2
 一方、古久保さん、高橋さんにはガシラ、それも小さなヤツしか姿を見せてくれません。「オイ、どうなってんや。こっちは外道のミニばっかりや」と古久保さんぼやきが出てしまいました。船酔いには縁のない古久保さんはマイペースで釣りを楽しみ、いつしか本命メバルを釣り上げて「やった」と笑顔を見せます。高橋さんも何とかメバルを釣り上げて、お手伝いの私もディレクターも一安心です。そうそう阪神さんはさすがに手馴れたもので、マネージャーに釣法をアドバイスしながら次々にメバルを仕留めていきます。1時間ほどで全員メバルをゲットして雰囲気は最高潮です。
3 4
 ビッグフィッシングは1時間の釣り番組ですが、その時間内に3本の釣りを放映します。今日の釣りは1月8日(木)に放送されますが、3本のうち2本分をプロ野球選手の釣りを予定しています。2本ともメバルでやるのは芸がないのでディレクター、船頭さんと相談して今度はウマヅラハギを狙うことにしました。
 ウマヅラハギ釣りになるとメバル釣り絶好調の北川さんは大不調です。アタリが分からないままにエサを取られてしまい「アカン、分からん」と首をかしげます。「ハゲの釣り方教えたろか」と北川選手に突っ込みを入れるのは古久保さんです。連発でヒットさせて「鍋に最高」と絶好調です。阪神さん、高橋さんも負けてなるかとウマヅラハギを釣り上げてロケは順調に進んでいきます。
 10時前に阪神さんが仕事のためロケは一応終了です。船が港へ向かって走り出すとギブアップ寸前だった高橋さんに笑顔が戻りました。高橋さんお疲れ様でした。港でロケの締めを撮影して2本文は無事に終了しました。「ミツ、もう一度釣りにいくぞ」と古久保さんは高橋さんに声をかけます。腰を引きながら「堪忍してください」と高橋さん。そのコミカルなやりとりは最高でした。
 阪神さんは仕事、高橋さんはギブアップしましたが、残りのメンバーはウマヅラハギ狙いに再度チャレンジします。明石沖で1時間ほど釣りをするといつしか風が強くなり、潮も速くなり状況は悪くなる一方です。「森永さん、そろそろ…」と船頭さんが話すので「一流しでラストにしましょう」と即決すると、あれれ、古久保さんも北川さんもしっかりとアタリを取って本命を釣り上げます。欲を出してもう1回やろうと流すと、またしても古久保さんがウマヅラハギを仕留めて、何と5連発ヒットの古久保さん笑いが止まりません。
 午後1時に終了しましたがメバル、ウマヅラハギ、チャリコ、ガシラと獲物は多彩で「楽しかった」と2人も大満足でした。
5 6
7 8
 ちなみに2009年の抱負を3人に聞きました。今年大ブレークした高橋選手は「オフが忙しくて忙しくて…」とうれしい悲鳴です。今シーズンは結果を出したので各方面からのお呼びが多く、なかなかプライベートの時間が取れない状態だそうです。「来年もオフは忙しくなりたい」と高橋選手は意欲的です。
 北川選手はケガや体調面で思うような結果を出せずに不満が残るシーズンだったと振り返ります。チーム自体は後半に頑張ったので「来年は自分も結果を出して上位3チームに残りたい」と決意も新たにしています。
 古久保さんは「チームに溶け込んで、1人でも2人でも一軍で活躍できるような選手を育てたい」と前向きな抱負を語ってくれました。
 来年のオフも3人で釣りができるようになりたい、いや結果を出して釣りロケをやると固い約束をしてくれました。釣り好きなプロ野球選手の活躍はとっても気になりますよね。皆さんも3人の活躍を期待しながら、しっかりと応援してほしいと思います。
<< 第31回 若者に人気の磯釣り&新車が冠の釣り堀大会 | 第33回 恒例“竿を出さない初釣り”も楽しい >>
森永誠
森永誠

森永誠(もりながまこと)
昭和31年に世界遺産で有名な鹿児島県屋久島で生まれる。中学1年で大阪に移り、大学卒業後に週刊釣りサンデーに入社して編集部員に。25年勤続したが廃刊を機に独立して編集プロダクション「オム・オーシャン」を設立。現在、サンテレビ「ビッグフィッシング」レギュラー、ラジオ大阪・月曜日「むっちゃ元気・オール阪神の週間釣り道楽」レギュラー。サンケイスポーツ、日刊ゲンダイ、週刊つりニュースなどに執筆中。釣りは何でもこなすが手軽に楽しめる防波堤の釣りや投げ釣りを好む。

カテゴリ