• HOME
  • 森永誠の釣り日和
森永誠の釣り日和

2008.09.26 Friday第26回 紙ふうせんリサイタルと難聴児の釣り大会に感激

 ♪冬が来る前に、もう一度会いたい♪。昭和30年代の同胞には懐かしい紙ふうせんの「冬が来る前に」のワンフレーズだ。なぜ、冒頭にこれを記したかというと、23日に大阪・梅田の梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで「紙ふうせん結成35周年リサイタル〜なつかしい未来VOL3〜」が開かれ、ヨメさんと20曲ほどの熱唱に聞き入り感激したからだ。
 紙ふうせんと私の出会いはいまから2年前。それ以前も釣り雑誌の記者をしていたとき、何度となく雑誌に登場願ったことがあり、昔から間接的にはお付き合いがあったのだ。それが2年前から私がレギュラーを務めるサンテレビの「ビッグフィッシング」に年に一度、紙ふうせんが主役のロケ取材があり、その担当というかお手伝いを私が受け持つことになったのだ。

紙ふうせん1紙ふうせん2紙ふうせん記念撮影一昨年は和歌山・紀ノ川河口のメッキ釣り、そして昨年は大阪湾の船のタチウオ釣りを楽しみ、ご主人の後藤悦治郎さん、奥様の平山泰代さんこと“やっちゃん”と意気投合した次第。
 今年はスケジュールの都合が合わずロケを行うことはできなかったが、35周年リサイタルの招待状が届いたので出かけたのだ。用意していただいた席は前列から15列目のど真ん中の特等席。おまけにヨメさんと一緒に座った前列2席を空け、左右1席も開けていただく配慮に大感激。約2時間、紙ふうせんのフォークディオに酔いしれた2人だった。
 帰りには記念撮影もしていただき、と同時に言葉を交わしたときに「釣りに行きたいね」と後藤さん。「いつでも言ってください」と私。近いうちに実現したらいいのに…。そして“やっちゃん”の笑顔にも触れ、ヨメさんと忘れることのできない1日となった。釣りファンのみなさん、釣り好きの紙ふうせんこれから“釣り仲間”として応援してください。もちろん私も全面的に応援します。

紙ふうせん35周年リサイタルでの記念撮影

 夏休みラストとなった8月31日に「第3回難聴児と健常児の交流海釣り大会」が兵庫県平磯海づり公園で開かれた。主催はNPO法人「医療・環境サポート協会」で、私も1回目からお手伝いをさせてもらっている。難聴児とその家族を外に出すにはどうしたらいいか。それには自然と触れ合える「釣りが一番」と同協会の五島末広理事長が提案。五島さん自身がイカダ釣りの名手で、釣りの魅力を知りつくしていたからこそ、この発想が生まれたと思う。明石西港の大壁画(五島さんらが手がけた)の取材で知り合った私に協力要請が来て「皆が喜ぶなら」ということで即決。1回目も2回目も大会終了後に「また来年もやってね」と子ども達がリクエスト。その笑顔が忘れられずに今年も開いたのだ。
 今回は25家族88人が参加。釣りが初めてという家族もあるので、各方面からお手伝いしたいとたくさんの仲間が集まり、1家族に1人が協力というマンツーマン体勢。ただ、何から何までやってあげるのではなく、困ったときだけちょっとお手伝いをするというのが基本スタイル。最初はクネクネと動くアオイソメに悲鳴を上げていた子ども達だったが、いつしか平気で触るようになり、やはり子ども達の順応力は早い。
26blog_126blog_226blog_326blog_4

釣りタイムは午前10時から正午までと釣りには厳しい状況だったが、そこは集中力と根気、そして子ども達の熱気に負けたのかガシラ、ベラ、カワハギ、小アジなどが次々に釣れて、そのたびに大きな歓声が上がっていた。審査では全ての子どもに賞品が渡されニコニコ顔。バーベキューに舌鼓を打ち、楽しい時間はあっという間に過ぎ去った。帰り際にいつものように「来年も釣りをしたい」と子ども達。五島理事長やスタッフは「うん来年もやろう」とやさしく答えていたのが印象的だった。そして私にも「いつもありがとう」に大感激。
26blog_826blog_926blog_10今回、難聴児が帽子に青色を基調に両サイドが黄色のリボンを付けてくれた。このリボン「私は障害があります」といった意思表示。障害は恥ずかしいことではなく「子ども達に外でいろいろなことにトライしてほしい。そのためには障害者と分かるリボンが必要」と同協会が進めていたもので、保護者が理解してくれたのだ。「このリボン、全国展開で進めて行こうと思っています。障害者が社会の中で胸を張って暮らせる、そうなってくれることを願っています」と五島さんは熱く語ってくれた。このリボンを見かけたら、困っているときだけお手伝いしてくださいね。

<< 第25回 ぼくらのフィールド大阪港が立入禁止!? | 第27回 陣内さん藤井さんらと淀川マハゼ釣りロケ >>
森永誠
森永誠

森永誠(もりながまこと)
昭和31年に世界遺産で有名な鹿児島県屋久島で生まれる。中学1年で大阪に移り、大学卒業後に週刊釣りサンデーに入社して編集部員に。25年勤続したが廃刊を機に独立して編集プロダクション「オム・オーシャン」を設立。現在、サンテレビ「ビッグフィッシング」レギュラー、ラジオ大阪・月曜日「むっちゃ元気・オール阪神の週間釣り道楽」レギュラー。サンケイスポーツ、日刊ゲンダイ、週刊つりニュースなどに執筆中。釣りは何でもこなすが手軽に楽しめる防波堤の釣りや投げ釣りを好む。

カテゴリ