サイトポリシー
ルアーで夜釣りを楽しもう

ルアーで夜釣りを楽しもう

夜釣りには日中の釣りにはない魅力が沢山あります。夜釣りが未経験の方は夜釣りにチャレンジして、より釣りを楽しんでみませんか?
※淡水域(川・湖沼等)では、夜釣り禁止の場所があります。不明な場合には管轄の漁業組合等にお問い合わせの上、釣りをお楽しみ下さい。

夜釣りの魅力

夜釣りの魅力

夜釣りの魅力は大物と対峙できることにあります。
多くの魚は陸上の釣り人の姿や音に警戒して、障害物に姿を隠してしまいます。
その傾向は大型の魚になればなる程強くなります。しかし、夜になると警戒を解き、闇に紛れて捕食のために大胆に動き出す魚も多く、また夜に捕食活動をする魚は小さな魚を食べる大型の魚である場合が多いです。

そのため、小魚や小動物を模したルアーを使うルアーフィッシングは、夜こそが大物を狙うのに最適な時間と言えるでしょう。

どんな魚が釣れるのか

どんな魚が釣れるのか

ルアーフィッシングで狙う魚は、ほとんどが夜でも釣ることが可能です。
しかし、同じ夜釣りでもいくつかのパターンに分けられるので、どのパターンかによってフィールド、狙うポイント、時間帯が変わってきます。

・シーバス
シーバスは日中も釣ることが可能ですが、夜になると活動量が高まります。朝夕まづめがゴールデンタイムですが、夜の常夜灯周りでも多くのシーバスが釣れます。

・メバル
メバルは日中よりも夜の方が釣りやすいです。日中は海底付近の岩の窪みにじっとしていることが多いため、餌やルアーの反応があまり良くありません。

・カサゴ、アイナメ
あまり夜に釣るイメージのない魚ですが、カサゴ・アイナメも夜行性の魚です。夜に活性化し、釣れるサイズも比較的大きくなります。

・ヒラメ、マゴチ
ヒラメ・マゴチ共に完全に夜になると活性が低くなるので、朝夕まづめ時の少しの時間が狙い目です。また、常夜灯周りに餌となるベイトフィッシュがいる場合も狙い目です。

・タチウオ
深海性の魚なので光に敏感に反応します。夕まづめから夜の水深が深いフィールドで、目立つルアーを使って釣るのがおすすめです。

・アオリイカ
日中も釣れますが、朝夕まづめが最も釣りやすい時間帯です。新月よりも満月の月明かりがある方が釣りやすくなります。

まづめが狙い目

まづめが狙い目

夜明け前後と日没前後の時間帯を「朝まづめ」・「夕まづめ」と呼びます。
この2つの時間帯は一日の中でも、特に魚の活性が上がるので、ルアーにアタックしてくることが多いです。これには食物連鎖が関係しています。夕まづめは日中海底でじっとしているプランクトンが表層に浮かんできて、それを捕食しようと小魚や甲殻類が動き出し、更にそれに合わせて大型の魚が活動し始めます。

朝まづめの場合は日が昇り、海底に逃げ遅れたプランクトンを小魚が捕食します。このようにまづめ時は必ず2回ある、餌の時間帯なのです。

タックルベリーではロッド(竿)やリールなどの釣具高価買取を行なっております。
店頭買取に加え、通信買取宅配買取などの買取サービスも行なっております。査定は無料ですので、もし買取価格に満足いただけなかった場合でも料金が発生しないので安心です。ご自宅に閉まってある釣具がありましたら是非、タックルベリーの買取査定をご利用ください。タックルベリーで使わない釣具を売って、新しい釣具で夜釣りにチャレンジしてみませんか。