サイトポリシー
ソルトルアーの基本

ソルトルアーの基本

海で使用することを目的とした疑似餌を「ソルトルアー」と呼びます。ソルトルアーは種類や数も多いので、選ぶ際には基本知識を予め持っておくのがおすすめです。

ルアーの歴史

ルアーの歴史

昔、ある漁師が湖畔で食事をしているときにスプーンを湖に落としてしまい、それに魚が寄ってきたことから「スプーン」というルアーが生まれました。ルアーの始まりは諸説ありますが、このスプーンがルアーの原点という説が有力です。

また、日本でも江戸時代から「弓角(ゆみづの)」や「餌木(えぎ)」と呼ばれる疑似餌が漁具に使われています。そして、現在ではスプーンや弓角、餌木もルアーフィッシングに欠かせない釣具として使われているのです。

ソルトルアーの種類

ソルトルアーの種類

ルアーにはプラスチックや木、金属のような硬い素材で作られた「ハードルアー」と、ソフトプラスチックや豚の皮などの柔らかい素材で作られた「ソフトルアー」があります。

・プラグ系
ハードルアーの代表格ではトップウォータータイプ・ミノータイプ・クランクベイト・バイブレーションなど様々な種類があります。ロッドの動かし方やリールを巻きとる際のアクションで小魚のように泳ぎ、魚を誘うのが特徴です。ソルトウォーターゲームではミノータイプのルアーが主に使用されています。種類によって狙える深さや範囲が違うので購入時は注意しましょう。

・ジグ系
棒状でできたシンプルなハードルアーで、一般的にジグと言うと「メタルジグ」を指します。軽量なものは陸から釣る「ショアジグ」、重量があるものは船からの「ジギング」に使われています。ジグにはフックの根本におもりが付いたジグヘッドというものがあり、このジグヘッドを利用した仕掛けは、陸から沖合まで幅広い場所で使われています。

・ワーム系
魚や虫など餌の形に一番近いのがワーム系です。形状やカラーバリエーションが豊富で、ストレートワームやグラブワームなど様々な種類があります。また、ワームの仕掛けも多く、使い分けができればルアーフィッシングの楽しみが広がります。主にジグヘッドにセットして使います。フックに刺す場合、フックに対して真っ直ぐに刺さなければ泳ぎが不自然になるので注意が必要です。

ソルトルアーの選び方

ソルトルアーの選び方

ルアーは疑似餌ですので、基本的には狙う魚のサイズと魚が食べる餌に合わせます。
また狙う魚が水面近くを泳ぐ魚の場合は水面に浮くものを、釣り場の水質が濁っていたり、天候が悪かったりする場合は目立つものを選ぶなど釣り場の状況も考慮して選ぶとよいでしょう。

タックルベリーではロッド(竿)やリール、ルアーなどの新品・中古釣具販売・買取・オークションなどを行なっております。
オークションでは会員登録するだけで、気に入った中古釣具があれば自宅にいながら入札することが可能です。新品・中古釣具の販売・買取・オークションでしたら、是非タックルベリーをご利用ください。