サイトポリシー
キャスティングの基礎知識

キャスティングの基礎知識

ルアーフィッシングはポイントをダイレクトに狙い、ルアーの動きで食い気を誘って釣るのが基本です。
そのため、自分の思い通りの場所へルアーを投げる「キャスティング」が重要です。

キャスティングの基本

キャスティングの基本

キャスティングで大切なことは、腕のパワーだけでルアーを投げないことです。
どうしてもルアーフィッシングを始めたばかりの頃は、ロッド(竿)の反発力を利用せずに投げてしまいがちです。これでは十分な飛距離が出なくなってしまいます。

ロッドの反発力を利用するためには、手首の可動域がとても重要になってくるので、ロッドの持ち方が大切です。利き手の中指と薬指でリールの脚の部分を挟むように握り、利き手と逆の手でロッドのグリップエンドを軽く握るようにしましょう。

キャスティングの練習方法

キャスティングの練習方法

ルアーを動かすテクニックを持っていても、魚のいる位置まで届かなければ意味がないので、キャスティングではまず飛距離を出すことが重要です。キャスティングの上達の近道は、実践の中で何度もキャスティングすることです。

しかし、大きな川や湖ばかりで釣りをしてしまうと特殊なキャストが上達しない場合があるので、こういった場合は野池で釣りをするのがおすすめです。また、多くフィールドに通うことができないという方の場合は、周りに人や障害物がない場所に、空き缶を並べて当てるという練習方法があります。

キャスティングの種類

キャスティングの種類

キャスティングには様々なバリエーションが存在しますが、こちらでは主な基本的なキャスト方法をご紹介いたします。

・オーバーヘッドキャスト(オーバーハンドキャスト)
最もポピュラーなキャスト方法で、ルアーの軌道が頭の上となる投げ方です。コントロールもしやすく、初心者の方はまずこのキャスト方法を覚えると良いでしょう。肩や腕の力を抜いて、手首のスナップを利用してグリップエンドを胸に引き付けるようにするのがポイントです。

・サイドハンドキャスト(クォーター・サイド・アンダー)
サイドハンドキャストは、オーバーヘッドキャストの応用型のキャスト方法です。ロッドを横に振るだけの違いで、基本的にはオーバーヘッドキャストと同じです。浅橋の下などを狙う際に用いられ、糸を低い位置で狙うことができます。脇を締めたままロッドを水平に構え、手首を返しながら肘から先だけを動かしてロッドを小さく後ろへ振り上げ、ロッドの反発力と手首の返しを使って振り下ろします。

・ピッチング
ルアーを手に持った状態で、手首の返しを利用した低い弾道のキャスト方法です。停泊している船と船の間などの、ピンポイントにキャストしたい場合に用いられます。ロッドよりも少し短めに糸を出しルアー持って、ロッドの下に向けロッドを振り上げる時にルアーを離して投げます。

タックルベリーではロッド(竿)やリールなどの釣具の買取・下取りを行なっております。釣具の買取・下取りでは無料査定を行なっており、買取価格にご満足いただけなかった場合、キャンセルしても料金が発生することはありません。また、店頭でも買取以外に宅配買取や通信買取も行なっておりますので、釣具の高価買取・下取りでしたら、是非タックルベリーをご利用ください。