はじめての魚釣り!

ブラックバス(ルアー)編

男女年齢問わないスポーツフィッシング!人気のバスフィッシングとは??


バスフィッシング

ブラックバスとは?

ブラックバスは、各地の淡水域(湖・川・沼等)に生息し、体長の割に引きが強いことや、 季節によって一定のパターンをもって行動することから、釣りの対象魚として大変人気があります。
日本で50cm以上の魚は主に「ランカーサイズ」と呼ばれ釣り人を魅了しています。

ブラックバス

釣り方・・・

疑似餌(ルアー)を使っての釣りが一般的で人気があります。
コチラではルアーによるバスフィッシングをご紹介致します。




バス用ワーム

ロッド(竿)とリールの種類・・・

スピニングロッド・ベイトキャスティングロッドの二種類があり、 それに合わせたスピニングリール・ベイトキャスティングリールがあります。
バスロッドを「@ベリーネット」で探す
スピニングリールを「@ベリーネット」で探す
ベイトリールを「@ベリーネット」で探す

ロッド&リール

ライン(糸)種類・・・

一般的にはナイロンラインとフロロカーボンラインが使用されています。
バスフィッシングでは両方の特徴を考えた上で使い分けされています。

各種ライン

to_detail.gif(360 byte)

フック(針)・シンカー(おもり)・救命具等・・・

リグ(仕掛け)に応じて、様々な形のフックやシンカーが用意されています。
また安全に楽しく釣りをする為にも救命具も是非用意しましょう。
※フックとラインの結び方はコチラです。




ライフジャケット

ルアーの種類・・・

ルアーを大きく分けますとハードルアーソフトルアーに大別できます。ハードルアーとソフトルアーを使い分けたりする事で更にバスフィッシングの幅が広がり楽しみがアップします。





ルアー

ブラックバスはどこで釣れるの?

こちらではブラックバスがどこに生息し、どのようなポイントで釣れるのかをご紹介します。 ポイントを把握する事で魚の居場所を中心に効率よく釣りをする事が可能となります。

湖・・・
湖は最も釣り場面積が広くストラクチャー(障害物等)も豊富です。岸際が護岸されている場所が多く、岸釣りにも向いています。 広大な湖ほどブラックバスは小魚(ベイト)を捕食するために回遊している事も多く、一箇所で釣りをするよりも、小魚の動きに合わせてストラクチャー(障害物)周辺を釣り歩く事がコツです。 また釣り場面積が広いため餌となる小魚(ベイト)が豊富な湖では60センチクラスの超大物(ランカー)が釣れる可能性もあります。

主なポイントとしては、桟橋・船着場(ボート乗り場)の周り・橋脚・石積み・水門・杭(クイ)・ワンド・コンクリート護岸・ウィード(水生植物)・流れ込み・オダ等が一般的です。 ブラックバスの習性として影(シェード)を好み、身を潜めている場合が多いので、ストラクチャー(障害物等)のシェードも狙ってみましょう。

野池・・・
一般的には釣り場面積は狭く、ストラクチャー(障害物等)も少ない為、目ぼしいストラクチャーを狙って反応がない場合は、思い切って違う野池に移動する事も一つの手段です。 しかし野池とは言っても50センチを超えるような大物(ランカー)も潜んでいる事もあるので油断は禁物です。 岸際を歩く際は魚を驚かさないように慎重にアプローチする事も重要な要素です。意外と足元にブラックバスは潜んでいる事が多い為です。

主なポイントとしては、杭(クイ)・水門・コンクリート護岸・アシ・オーバーハング・ウィード(水生植物)・ゴミ溜まりなどが一般的です。

川・・・
あまりにも流れの速い川を除いて、ブラックバスは流れのある川にも生息しています。 川の岸際も護岸されている場所が多く岸釣りに向いています。使用するルアーは小魚を模したミノーを中心に使用する事も重要です。 ブラックバスが今現在どのような大きさの餌(小魚等)を食べているかがわかればそれに合ったサイズのルアーを選ぶと効率良く釣れるかもしれません。

主なポイントとしては、杭(クイ)・水門・コンクリート護岸・アシ・桟橋・橋脚などが一般的です。

ダム・・・
ダムの場合は山沿いにある場合が多く、岸際まで降りられない事が多いので、決して無理はせず安全に岸際まで辿り着ける場所で釣りをして下さい。 また、他の釣り場と大きく異なる点として、水深が深いという事です。まずは安全を第一に釣りを楽しんで下さい。 湖と同様にブラックバスも餌となる小魚(ベイト)を追って回遊している場合が多いので、小魚の動きに合わせてストラクチャー周辺を釣り歩く事がコツです。 また岸釣りが無理なダムでは、ボートを貸し出している施設もあり、ボートでの釣りもバスフィッシングの魅力の一つです。

主なポイントとしては、橋脚・倒木や立木・流れ込み・岬・オーバーハングなどが一般的です。

シーズン別のブラックバスの行動

こちらではブラックバスが季節ごとにどんな行動をするのかをご紹介します。行動を把握する事でどこに魚がいるのかがわかり、釣果に結びつける事が可能です。

春・・・ 春のブラックバスの行動を理解する為に最も重要な要素は、スポーニング(産卵)です。 ブラックバスはスポーニングに備えて水温の上昇とともに行動を始めます。 しかし、春先は水温の変動が激しく非常に把握するのが難しいです。日中に水温が上昇し始めても、朝夕に冷え込んだりしてしまう春先などでは、ブラックバスの行動が冬の動きに逆戻りしてしまうからです。 バスフィッシングに限らず釣り全般に言える事ですが、水温が上昇してさらに安定することが重要です。水温が落ち着いて安定するとブラックバスは比較的水温の高い浅瀬に出てきてスポーニングの準備をします。 ブラックバスはスポーニングによる体力低下の為、しばらくは、あまり動く事はせず目の前に通るベイト(小魚など)を捕食しますので、ルアーも目の前をゆっくりと通すようなアプローチが必要となってきます。


夏・・・ 夏はバスフィッシングの一番楽しめる季節となります。特に梅雨時期からの初夏にかけては、食欲旺盛なバスは様々なルアーにもアタックしてくるでしょう。 特に水面上で動かすトップウォータープラグなどにブラックバスがアタックする姿はとてもエキサイティングですので是非様々なルアーを使用してみて下さい。 ただし、真夏の炎天下などではオーバーハング(水面に木が覆い被さった場所を指します。)やストラクチャー(障害物等)の影に身を潜めている事が多いので、 そういった影があるポイントを中心にルアーをキャストして下さい。 また水温が高くなる時期ですので、少しでも水の動きがある流れ込みや水門などの場所も好ポイントとなります。


秋・・・ 秋は冬に備えて体力を蓄えるために活発にベイト(小魚など)を捕食する時期でもあります。 夏のような太陽が照りつける日もない為、釣り人にとっても快適な季節でもあります。 ベイトを追って回遊するバスもいますので、ストラクチャー(障害物等)を中心に釣り歩く事が釣果を上げるコツでしょう。




冬・・・ 冬は水温が下がりブラックバスも動かなくなる事が多くなります。目の前を通るベイト(小魚など)を捕食する事が多くなります。 この時期には少しでも水温が安定している深場を中心にゆっくりとルアーを目の前に通すイメージで釣りをするといいでしょう。

釣りにおけるマナーについて

こちらでは釣り人としてのマナーについてご紹介します。

楽しくいつまでも自然の中で釣りができるようにマナーを守る事はとっても大事な事です。

天候や自然の状況、自分の体調も考えて決して無理をせず、安全第一で行動をしましょう。

ゴミのポイ捨てはやめましょう。出たゴミなどは持ち帰りましょう。

ブラックバス及びブルーギル等の外来魚といわれる魚を別の河川や湖沼に放流しないようにしましょう。

へら鮒釣りなど、静かに釣りをしている人のそばにルアーを投げ込んだりしないようにしましょう。

釣りが禁止されている場所では絶対に釣りはしないようにしましょう。

先行者がいたら必ず挨拶をしましょう

マナーとルールを守っていつまでも楽しい釣りをしたいですね!